マルドゥックスクランブル

SF漫画の傑作「マルドゥックスクランブル」の結末は?ネタバレあり

第24回日本SF大賞を受賞した冲方丁先生原作の小説が「聲の形」の大今良時先生作画によって漫画化!

近未来の架空の街・マルドゥック市を舞台に、生命の保護などに限って禁じられた科学技術の使用を認める「マルドゥック・スクランブル-9法」により命を救われた少女バロットと、その相棒ネズミ型万能兵器ウフコットの戦いを描くSF作品。

バロットは可愛いし渋い殺し屋にぶっ飛んだ変質者集団など目を惹くキャラクターが多くいる本作ですが、個人的には一番のイケメンはネズミのウフコットです。誠実で思慮深い言動やバロットを常に気遣う優しさ、そして場を和ませるコミカルな仕草という恐ろしいスペックの持ち主です。

全体的に重い空気の漂う本作において、このネズミの愛らしさは素晴らしい緩衝材となってくれています。

バロットとウフコットの関係性の変化を見つめるだけでもこの作品を読む価値があるんじゃないかと思う、今日のこの頃!おすすめ!!

 
 総合評価 最新巻 ジャンル 試し読み
 ☆4.2 全7巻 SF  ○

最新刊の試し読みはここから無料です!サイト内で「マルドゥックスクランブル」で検索!もっと読みたい人はサイト内で「マルドゥックスクランブル」と検索
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
無料① : ebookJapan(イーブックジャパン)  >>> サービス紹介記事はこちら 
無料② : コミックシーモア             >>> サービス紹介記事はこちら 
無料③ : DMM電子コミック

人気ブログランキングへ   漫画ブログランキング 


 

マルドゥックスクランブルのあらすじ

少女娼婦ルーン=バロットは全てを失い路傍でうずくまっていたところをカジノのショーギャンブラー・シェル=セプティノスにより救われる。
新たな身分・住居・服・食事と何不自由ない暮らしを与えてくれたシェルをバロットは慕っていたが、突然そのシェルにより命を奪われそうになってしまう!

喉を切り裂かれ、炎上する車に取り残されたバロット。
命を落とす寸前でシェルの犯罪を捜査している委任事件担当捜査官のイースターと、人語を解するネズミ型万能兵器ウフコック=ペンティーノにより救出され一命を取り留めた・・・。

 

なぜシェルは自分を殺そうとしたのか?

 

答えを知るために、イースターの制止を振り切りシェルのもとへ走るバロット。
しかし、再会したシェルは既にバロットの記憶を消しており、バロットの顔すらわからなくなっていた。

生きていては困る、予定通り消えてもらおうと部下たち命じてバロットを再び殺そうとするシェル。それを阻んだのはバロットに付いてきていたウフコックの声だった。

あらゆる物体に変身可能というウフコックの能力によって銃撃から身を守りその場を逃げ延びるバロットの前にネズミの姿を現したウフコックは自分たちにバロットを保護させて欲しいと申し出る。

最新刊の試し読みはここから無料です!サイト内で「マルドゥックスクランブル」で検索!もっと読みたい人はサイト内で「マルドゥックスクランブル」と検索
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
無料① : ebookJapan(イーブックジャパン)  >>> サービス紹介記事はこちら 
無料② : コミックシーモア             >>> サービス紹介記事はこちら 
無料③ : DMM電子コミック

人気ブログランキングへ   漫画ブログランキング 


 

登場人物

ルーン=バロット

元少女娼婦。シェルによって殺されかけたところをイースターとウフコックにより救出され、禁じられた科学技術の使用を認める「マルドゥック・スクランブル-09法」により命を取り留める。焼けた肌の代わりに金属繊維による人工皮膚を移植され、優れた身体能力とあらゆる電子機器を操作する「電子撹拌(スナーク)」能力を身につける。シェルによって切り裂かれた喉は声帯を再生できておらず、スナーク能力でスピーカーやラジオを操作し会話を行う。
戦闘時にはウフコックの変身した戦闘スーツや銃器を使用して戦う。

ウフコック=ペンティーノ

委任事件担当捜査官。人語を操るネズミ型の万能兵器。体内の亜空間に貯蔵している物質をこちら側にひっくり返すことによりどんなものにも変身可能という「反転変身」の能力を持つ。
パートナーであったボイルドにより濫用され殺戮の道具とされたことで決別するという過去を持つ。
ネズミでありながら大人びた言動でバロットを導き支えている。

ドクター・イースター

委任事件担当捜査官。ウフコックと共にシェルの犯したと思しき6人の少女の連続殺人事件を捜査している。普段から軽薄な言動を繰り返しているが、その実精神的に不安定なバロットや過去にトラウマを抱えるウフコックのことを心配し、彼らのために必要なことを常に模索している。ボイルドとの戦闘時にバロットがウフコックを濫用した際にはバロットの身を慮りながらも強い言葉で非難するなど、ウフコックに対して仕事上のパートナー以上の友情を持っている模様。

シェル=セプティノス

オクトーバー社のショーギャンブラーであり、オクトーバー社のカジノ経営にも携わっている。その裏では身寄りのない少女たちを保護しては多額の借金を背負わせ殺害するという手口でマネーロンダリングを繰り返していた。「仕事」の区切りがつくたびに記憶を抽出し自身から除去するため、生き延びたバロットと再会した際には彼女のことを覚えていなかった。犯罪行為の証人であるバロットの命を奪い、事件不成立を画策している。

ディムスデイル=ボイルド

元軍人でウフコックの元パートナー。かつて眠っているウフコックを使い大勢の人を殺したことでウフコックらと決別した。
バロットと同様に金属繊維による皮膚を移植されている。その能力は任意の方向に疑似的な重力を発生させる「疑似重力(フロート)」。これにより壁でも天井でも自在に歩き回ることや失った四肢を補うことなどが可能となる。
シェルに雇われ、バロットの命を狙う。

最新刊の試し読みはここから無料です!サイト内で「マルドゥックスクランブル」で検索!もっと読みたい人はサイト内で「マルドゥックスクランブル」と検索
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
無料① : ebookJapan(イーブックジャパン)  >>> サービス紹介記事はこちら 
無料② : コミックシーモア             >>> サービス紹介記事はこちら 
無料③ : DMM電子コミック

人気ブログランキングへ   漫画ブログランキング 


 

 ネタバレ&結末

ウフコック、イースターに匿われ、彼らの隠れ家で共同生活を送るバロット。
シェルの逮捕に協力してほしいという申し出を受けるもシェルを憎みきれないバロットだが、ここ以外に居場所もないと消極的に協力を受諾することとなった。

自身の犯罪の証人であるバロットの命を狙うシェルは刺客としてボイルドを差し向ける。
ボイルドはかつてウフコックのパートナーとして共に活動していたが、ウフコックの意思を無視して濫用したことで決別していた。

圧倒的な戦闘力に防戦一方のバロットだが、スナーク能力でボイルドの虚を突き、逃走に成功する。

しかし、逃げ切ったのも束の間、ボイルドは「誘拐犬(バンダースナッチ)」という猟奇殺人集団を使いバロットとウフコックがいるアジトを襲撃。
ウフコックにより事前に襲撃に気付いていたバロットはスナーク能力とウフコックの変身能力を駆使して侵入した殺し屋を1人ずつ撃退していく。

ついに殺し屋は最後の1人となった。
バロットは自分の力に手も足も出ない相手を遊び感覚で蹂躙し快感を覚えていく。

バロットの暴走を止めようとするウフコックをスナーク能力で強制的に変身させて攻撃を続けるバロット・・・それはかつてのボイルドと同様、ウフコックを濫用する行為だった。

その結果ウフコックは血を吐いて倒れ伏してしまう。

狼狽するバロットのに対してボイルは、バロットとウフコックの間に乖離が生じていることを告げ、ウフコックに自分のもとに来るよう誘う。

しかし、ウフコックは自分の身を犠牲にしながらバロットを守るために力を使い、バロットは辛うじてその場から逃げ出す。尚も追いすがるボイルドだったが、駆けつけたイースターによりその行動を妨げられ、バロットはイースターと共にアジトからの脱出を果たすのだった。

 

目が覚めたバロットは「楽園」と呼ばれる研究施設に居た。イースターよりウフコックがメンテナンス中であることを告げられ会いに行きたいと切望するも、冷たく断られてしまう。落ち込むバロットは楽園の少年、トゥイードゥルディに連れられて楽園の中を見て回る。そこで首だけの老人フェイスマンと出会い、バロットやボイルドの力やウフコックはこの地で生まれたことを聞かされる。

食事の時間となり、ふとしたきっかけでこれまでのウフコックの言葉を思い出したバロットはこんな自分は嫌だ、変わりたいと涙を流した。

 

ボイルドと彼に連れられたバンダースナッチの生き残りミディアム=ザ=フィンガーネイルが楽園に侵入した。楽園の住人やトゥイードゥルディを傷つけるミディアムだったが、楽園のセキュリティシステムにより排除される。

イースターから彼らの最終目標はシェルの所属するオクトーバー社の犯罪行為を暴くことだと知らされていたバロットは、ミディアムの頭部から映像データを取り出し調べることを思いつく。ミディアムのデータからシェルの抽出した記憶が外部に保存されていると知ったバロットは、楽園の端末を使いそのデータがカジノの100万ドルチップの中に隠されていることを突きとめる。

カジノへと向かうバロットたちを追いかけるボイルドだったが、トゥイードゥルディが起動させたセキュリティシステムに阻まれてしまう。

メンテナンスを終えたウフコックはバロットに優しく語りかけ、バロットは再びウフロックのパートナーとして歩き出す。

 

カジノに到着した一行は、記憶データの入った100万ドルチップ4枚を入手すべくゲームへと参加する。ポーカー、ルーレット、ブラックジャックと、イカサマや高度な技術を駆使するディーラーたちを相手にバロットとウフコックは勝利を重ねていく。ついに4枚のチップを手に入れたバロットは、姿を見せたシェルとの勝負でわざと負け、データを抜いた空のチップを返す。

データが抜き取られていることに気付いたシェルはバロットに殺害を宣言し、バロットは悠々とその場を後にする。

そしてその背後を、シェルの命を帯びたボイルドが迫っていっていた。

 

シェルとの、そしてボイルドとの決着がどのような結末を迎えるのか。それは是非本編でご確認ください。

最新刊の試し読みはここから無料です!サイト内で「マルドゥックスクランブル」で検索!もっと読みたい人はサイト内で「マルドゥックスクランブル」と検索
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

無料① : ebookJapan(イーブックジャパン)  >>> サービス紹介記事はこちら 
無料② : コミックシーモア             >>> サービス紹介記事はこちら 
無料③ : DMM電子コミック

人気ブログランキングへ   漫画ブログランキング 

スポンサーリンク


関連記事


漫画読み放題 のランキング


おすすめ記事

ピックアップ記事

  1. スプライト

    漫画ネタバレ

    漫画「スプライト」のネタバレと結末(最終回)&無料立ち読み
    今回は石川優吾さんのマンガ「スプライト」を紹介したいと思いま…
  2. pandora-hearts

    未分類

    【ネタバレ】漫画「パンドラハーツ」の結末は!?無料試し読みあり
    不思議の国のアリスをモチーフにした漫画はいろいろありますが、…
  3. 君に届け

    漫画ネタバレ

    漫画「君に届け」の感想!最終回のネタバレ、無料試し読み
    原作、椎名軽穂の『君に届け(きみにとどけ)』。 「実写化して…
  4. 人狼ゲーム

    漫画ネタバレ

    漫画「人狼ゲーム」の結末は!?最終回ネタバレ、無料試し読み
    『人狼ゲーム』(じんろうゲーム)は、川上亮による日本のホラー…
  5. 弱虫ペダル

    漫画ネタバレ

    【ネタバレ】漫画「弱虫ペダル」の今後は!?感想&無料試し読み
    舞台も大ヒットしている渡辺航の漫画「弱虫ペダル」のネタバレ&…