deathnote

漫画「デスノート」の結末は!?最終回のネタバレ、無料試し読みあり

デスノート、おそらく多くの人が一度は聞いたことがある作品だと思います。

漫画の大ヒット後、ドラマ化、映画化、さらに2016年に映画第2弾化と10年以上にわたって常に人気があり続ける作品です。

映画やドラマは比較的さくっと見れますが、漫画はかなり気合を入れて読まないとライトとLの頭脳戦についていけません!!
でも原作である漫画が一番おもしろいと私は思います。12巻しかないとは思えない密度の濃さ、この巻数の漫画ではトップクラスです!!

以下ネタバレ、最終巻結末を含みますので、まだ読んでなければ先に試し読みをおすすめします!!

 
 総合評価 最新巻 ジャンル 試し読み
 ☆4.9 全12巻 サスペンス  ○

最新刊の試し読みはここから無料です!サイト内で「デスノート」で検索!もっと読みたい人はサイト内で「デスノート」と検索
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
無料① : ebookJapan(イーブックジャパン)  >>> サービス紹介記事はこちら 
無料② : コミックシーモア             >>> サービス紹介記事はこちら 
無料③ : DMM電子コミック

人気ブログランキングへ   漫画ブログランキング 

 

デスノートのあらすじ

高校生の夜神月(やがみ ライト)はある日、奇妙な黒いノートを拾う。

それは死神・リュークがわざと落とした「デスノート」だった。
「デスノート」に名前を書かれたものは死ぬ。死神リュークは本来は死神しか使うことの許されないそのノートを人間が使うとどうなるのかという好奇心から、そのノートを人間界に放置したのだった。

ノートの所有権を得た月はリュークの姿が見えるようになり、その能力のルールを確認していく。そして、自分の考える『正義』を行い、犯罪者の居ない新世界を実現することを掲げ次々と犯罪者たちを殺害していく。

やがて月の行為はインターネットを中心に世界中に拡散された。

絶対的な力で犯罪者を裁くものの存在に気付いた人々は、その謎の執行者を「キラ (KIRA)」と呼び神とあがめる者まで現れた。そしてキラの存在が広く知られるようになるにつれ、世界各国で犯罪そのものが減少したという事実もあった。

だが、一方で警察の側からすればキラは紛れもない大量殺人者だった。

キラの存在と謎に満ちた能力を認知したICPO(インターポール)は、全世界の警察を動かせる唯一の存在である謎の名探偵L(エル)にキラ事件の調査を依頼する。

Lはプロファイリングを駆使してキラの人物像を「極めて優秀な頭脳を持った学生」で「近親者に捜査情報を知る立場の人間がいる者」とまで瞬時にみなす。

ここからキラとLとの頭脳戦が始まる—–!

最新刊の試し読みはここから無料です!サイト内で「デスノート」で検索!もっと読みたい人はサイト内で「デスノート」と検索
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
無料① : ebookJapan(イーブックジャパン)  >>> サービス紹介記事はこちら 
無料② : コミックシーモア             >>> サービス紹介記事はこちら 
無料③ : DMM電子コミック

人気ブログランキングへ   漫画ブログランキング 

 

登場人物

夜神月(やがみ ライト、Light Yagami)

すべてにおいて完璧な能力を持つ人物。頭脳明晰、容姿端麗、運動神経抜群、巧みな話術、手先の器用さなど

警察庁局長である父の夜神総一郎、母・幸子と妹・粧裕(さゆ)の四人家族。

何不自由のない環境と能力を持ち生まれ育ったことで、逆に退屈な日常を憂いていたところ、偶然にも校庭でデスノートを拾う。

死神リュークが見えるようになったことと、すぐに実験的にデスノートを使用し、その効力を目の当たりにしたことから本物であると確信する。

初めのころは良心の呵責にも苛まれながらも、徐々に自分の殺人行為を正当化していき、ついには自分が世の中を変えられる神の存在として世直しを実行していく。
デスノートによる大量殺人を重ねていくうちに、純粋だった正義感は歪んでいき、打算的で人の命を何とも思わないサイコキラーと化していく。自分の監視についたFBI捜査官・レイ・ペンバーの殺害後は、己の身を守るための殺人をも厭わなくなり、自分をキラとして疑う者には周到な計画の下で容赦なく粛清を加え、自称「新世界の神」として、内実は独裁者として君臨する。
死神の目の取引については、「寿命を半分に縮めるのは『神として君臨し続ける』という自分の理想と一致しない」として最後まで拒否し続けた。

弥海砂(あまね ミサ、Misa Amane)
かつて両親を強盗に殺されたが、逮捕・起訴されても長期裁判となり、冤罪説まで浮上して苦悩していたところをキラが裁きを下してくれた経緯によりキラを崇拝・信奉するようになる。
また、同時期に死神レムからジェラスのデスノートを与えられたことから、キラに接触する為に関西から上京し、「第二のキラ」として事件を起こす。その後、本物のキラである夜神月に出会い、一目惚れをする。

子供のように幼稚で無邪気な面があり、殺人に対する恐怖心や罪悪感は希薄である。
欠点として思い込みが激しく、自己中心的な考えを持つ点が挙げられる。最初に月に接触した時は「利用されてもいい」と告げたにもかかわらず、結局月の気持ちを確かめることなく彼とは両想いだと思い込み、警察の疑惑を逸らす為の月の偽装デートすら許さなかった。
2度死神に助けられその分寿命は延びたが、2度の死神の目の取引により残りの寿命が2度半減した。

L(エル){フルネーム:L Lawliet(エル・ローライト)}
世界の迷宮入り事件を何度も解決し、全世界の警察を動かせる唯一の存在として「影のトップ」「最後の切り札」「世界一の探偵」と呼ばれる。

また、作中でLと並び「世界三大探偵」と評されるドヌーヴ、エラルド=コイルも実はLと同一人物であり別の名である。
キラ事件の際には、自分がLであることを本部以外の人間に悟られぬよう、日本捜査本部の刑事達や補佐役のワタリにまで自分を「竜崎」と呼ばせる。東応大学に入学した際には、流河旱樹(りゅうが ひでき)という作中の人気アーティストと同じ名前を偽名として使用し、月を挑発する。
ミサが二度も死神の目の取引をしたで、その存在を不安視した死神レムによってワタリと共にデスノートに名前を書かれ心臓麻痺で死亡する。Lの死は世間の混乱を防ぐために隠蔽されたが、自らのパソコンに「1か月操作されないと自動的にワイミーズハウスの院長ロジャーに自分の死を伝える」というプログラムをセットしており、後の行動を託した。

ニア(Near)
Lの後継者。
ワタリがイングランドのウィンチェスターに建てた、天才児用の孤児院「ワイミーズハウス」の、Lの後継者候補の2人の内の一人。もう1人の後継者候補であり、感情的で行動的なメロに比べ、ニアは冷静である。
Lに似て、ニアは様々な風変わりな言動を見せた。Lが解決できず死んでしまったキラ事件は、自然とニアの最初の事件となる。

メロ(Mero)
ニアとともにワイミーズハウスでLの後継者として育てられた一人。正式な後継者はメロが選ばれてしまったため、独自にLの事件を追っていく。
ニアと異なり非常に感情的かつ好戦的でワイミーズハウスを離れてすぐに荒々しい部下を持ち武装組織を構築した。
ニアが警察機構の中で捜査を行う一方、メロは非公式の独自路線を行ったことは遠まわしにニアができないことをフォローする形となった。

リューク(Ryuk)
夜神月が拾ったデスノートの持ち主の死神。
りんごが大好物な死神で、ライトが次々と罪人を裁いていくのを見て楽しんでいる。ライトの行動を見ることが自分の楽しみとなっているため、基本的にはライトの協力者となっているが完全ではない。

魅上照(みかみ てる、Teru Mikami)
検察庁西京都検事。京土大学法学部卒。幼い頃から父親の姿はなく、母子家庭で育った。
幼い頃から自身が考える正義を貫くことでひたむきに悪と戦い続けてきたが、成長するに連れてそれが報われなくなっていく現実に憤りと失望を感じていた。しかし自分がいなくなった方がいいと思った人間が次々罪人として裁かれていく「偶然」を見て、次第に自身が考える悪はこの世から完全に「削除」されるべきだと考えるようになった。
検事就任時にキラ事件が発生し、キラを「神」と呼んで極端に心酔し、崇拝・信奉すると同時に自身も検事として出来る限りの時間と労力を費やしていった

やがてキラである夜神月にそのことを見込まれ、海砂の所有権放棄後にデスノートを与えられ、新たなノートの所有者となる。キラのために死神の目の取引をしてキラの代理人として世界中の犯罪者に裁きを下していく。基本的にキラの胸中を察して独断で行動するが、その正義感は月を上回り、裁きの対象は前科を持つ者から果ては社会貢献を怠る者にまで及ぶ。

月やニアにも劣らぬ卓越した頭脳の持ち主で、電話越しに月が置かれている状況をすぐさま察知するなど、常人離れした洞察力と分析力を作中で披露し、月の予想以上の働きをする。
病的なほど規則正しい生活を行う潔癖症で、毎日同じことを同じ順番で繰り返す。

高田がメロに誘拐された際、月が自由に動けないと判断していたため、今まで地方銀行の貸金庫に保管していた本物のノートを出し、月と同様に高田の名前と死因(焼身自殺)を書いた。この行動をジェバンニに監視されていたことで、ジェバンニに本物のノートの偽装を許す。月とニアの対峙の際にそのことに気付かず、月以外の名前をノートに書いて出てきたことから、とうとうニアにボロを出してしまい、SPKに逮捕される。やがて、ニアに追い詰められて悪あがきを見せる月を、もはや自分の信じていた神ではないと失望し、「クズ」と罵倒する。月の死後、投獄され、その10日後(2010年2月7日)に獄中で発狂死した。彼の死については不審な点も多く、松田は「ニアが偽物にすりかえた後、本物のノートに彼の名前と獄死するまでの行動を書いた」と憶測しているが、真偽は不明。

夜神総一郎(やがみ そういちろう、Soichiro Yagami)
夜神月の父親。
警察庁刑事局局長で日本捜査本部長でもある。仕事に熱意を抱き、人情に溢れる人柄で部下の信頼も厚い。キラである月に地位を利用されている事に気付いていない。月にキラ容疑をかけられており、その事でストレスを抱えている。ヨツバ事件ではその正義感ゆえにLと捜査方法を巡って対立し、一時は分裂した。
マフィアグループとのノート奪還作戦では、リュークと死神の目の取引をし、メロの本名を知るも、その正義感ゆえにメロの名前をノートに書くことを躊躇し、背後から狙ったマフィアのメンバー、ホセにサブマシンガンで銃撃される。受けた傷が致命傷となり、メロの名前をデスノートに書くことができないまま、月がキラであるという事実を知らないまま死亡する。

松田桃太(まつだ とうた、Tota Matsuda)
日本捜査本部の刑事。
警察には「コネ」で入ったと失言するなど、惚けた性格をしているが、正義感は強い。夜神総一郎を慕っている。海砂のマネージャー兼監視役を嬉々として務めた。後先考えずに勢いで行動する事があり、ヨツバ編では命がけで活躍をする。

模木完造(もぎ かんぞう、Kanzo Mogi)
日本捜査本部の刑事。
かなりの長身大柄な体格だが、性格は寡黙。仕事をそつなくこなし任務に対しても忠実である。料理が上手く、手先が器用。捜査本部では最もLに信頼されている。松田に代わって海砂のマネージャー兼監視役を務めたこともあり、その際にマネージャーとして怪しまれないためにと普段とは全く違う吹っ切れたキャラクター『体育会系の元気いっぱいマネージャー』を演じるなど、演技力も高い。
日本の捜査本部では私情に動かされない数少ない人物であり、もともと無口なのもあって口が堅く、その精神力はニアをも感心させるほど。はSPKと接触を取るなど重要な役を担う。相沢に触発され、月がキラである事を確信し、ニアを信用することになる。

相沢周市(あいざわ しゅういち、Shuichi Aizawa)
日本捜査本部の刑事。
夜神総一郎が一時警察を辞めたとき、形ばかりではあったものの警察庁下の捜査本部長に就いた。Lである竜崎のやり方に多少の不満と猜疑を抱いている。
ヨツバ事件ではキラ寄りの政治家達の圧力による警察の捜査打ち切りが原因で家庭の生計を立てるためだったが、Lが失業した捜査員に一生困らないだけの経済的支援を行うことを隠して総一郎・松田・模木の3人と同様に辞職してまで捜査に参加するのかどうか確かめていたことを知り、憤然として捜査本部を離脱する。その後も正義感とキラ逮捕への執念は強く、独自にキラを追い、事件解決後は捜査本部に復帰。特徴的なアフロヘアーをしている。
ニアに触発され、独断でSPK・ニアと接触。夜神月の行動の不可解さから、月=キラの疑念を懐くようになるが、やがてその疑念は確信へと変わっていく。

高田清美(たかだ きよみ、Kiyomi Takada)
東応大学生。夜神月とは同学年。
周囲から「ミス東大」と呼ばれる程の美貌を持つ女性。とてもプライドが高い性格。彼女もまたキラ信者である。学生の一人から「清楚高田」と呼ばれていた。月は第二のキラ、ミサとの接触をごまかすためのカモフラージュとして多くの女性と付き合ったが、彼女もその一人だった
そのご、公共テレビ局NHNの報道番組『NEWS9』のアナウンサーとなる。
未だに月のことを忘れられずにいる。「T」と名乗るキラ(魅上照)に見込まれて新たなキラの代弁者に選ばれ、出目川の後任者として『NEWS9』でキラの代弁者を務める。
弥海砂に対しては月を巡る敵対意識を持っており、月に殺害を促したこともあった。キラ信者からは「新世界の女神」としてキラと同様、或いはそれ以上に崇拝・信奉されており、代弁者になってからは出目川より多くのキラ信者のボディーガードを持ち、レスターからは「米大統領以上」と言わしめる程。また、代弁者に任命される以前から、女子アナランキング2位という人気を博していた。

ワタリ(Watari)
Lの実質的な右腕とされる紳士的な老人。最初はトレンチコートにソフト帽で素顔を隠した姿だったが、作中に素顔を現してからは、捜査本部の面々の前で以前の格好は一度もしていない。
Lの代理人として各地に出向き様々な人物と接触する。その正体は第一部ラストにおいて、キルシュ・ワイミー(Quillsh Wammy)という名の偉大な発明家であったと発覚する。彼はその発明資金で世界各地に孤児院を創設していた。そのひとつがワイミーズハウスであり、院長ロジャーを通して、道楽で才能豊かな子供達を育てあげていた。
Lが海砂の逮捕を示唆したため、Lもろともレムに名前をノートに書かれ心臓麻痺で死亡した。亡くなる直前にコンピュータに記録してあるデータをすべて抹消した。

最新刊の試し読みはここから無料です!サイト内で「デスノート」で検索!もっと読みたい人はサイト内で「デスノート」と検索
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
無料① : ebookJapan(イーブックジャパン)  >>> サービス紹介記事はこちら 
無料② : コミックシーモア             >>> サービス紹介記事はこちら 
無料③ : DMM電子コミック

人気ブログランキングへ   漫画ブログランキング 

 

 ネタバレ&結末

Lはキラ事件解決のため、旧知のFBI捜査官レイ・ペンバーを潜入させる。
だが、レイは逆に月に利用されて他の潜入捜査員の情報を月に与えた上、殺害されてしまう。

その結果Lは自ら現場に乗り出す覚悟を決め、警視庁の中でも信頼できる総一郎らと共に少数精鋭のチームを結成。
竜崎という偽名で自らの姿を明かした上でキラの洗い出しを進めていく。キラの能力を次々に解明していく。

その捜査チームにライトも加わることで月は巧妙に自身への嫌疑を逸らしていく。

Lはキラが殺害出来るのは『顔と名前を知る相手のみ』とみなし、犯罪者の実名を明かさない措置をとる。
そして、東応大学生となった月に接近。月は捜査状況の把握とLの監視を目的として捜査本部に協力し、Lもまた月を監視するためそれを許す。

そんな中キラを信奉する第二のキラが現れる。第二のキラは用心深く狡猾なキラに比べ、隙だらけでその行動も稚拙であった。
しかし、キラが殺害出来るのは『顔と名前を知る相手のみ』という前提が崩れていく。

第二のキラは『相手の顔を見ただけで殺せる』能力を持っていた。
それは死神と自らの寿命を半分差し出すことで相手の寿命と名前が見えるようになる死神の目の取引の結果だった。

ライトは第二のキラの存在を脅威と感じ、軽率な行動がLにデスノートの存在がもれてしまうことを恐れたのだった。
そんなライトの思惑と関係なしに第二のキラであるミサはライトに接近してくる。
ミサは家族を強盗に殺害され、証拠不十分で無罪放免となった犯人をキラが制裁してくれたことに感謝しており、月にキラ信者として協力を惜しまないかわりに自分と交際してくれるようにともちかける。

Lを葬る絶対的な切り札だがレムの存在を含め危険極まりないアキレス腱となりかねないミサを懐柔するため月は交際を了承。ミサをLに会わせ本名を暴いた上で殺害しようと図るが、物証をもとにミサを重要参考人とみなしたLは先んじてミサを逮捕監禁する。

ミサの嫌疑を晴らすためライトはリュークとレムをも利用した作戦にうって出る。自身をもLに監禁させ、『二人ともデスノートの記憶を喪失する』という手段で容疑を晴らす戦術によりLは困惑。やがて第三のキラが現れたことで結果的に二人は無関係だとみなされる。月とLは協力して第三のキラの犯罪を暴くことになる。

それぞれの正義を掲げて対峙する月とLは様々な駆け引きと頭脳戦、心理戦を繰り広げるが、その結末としてLは月に敗北して命を落とし、名前すらも奪われてしまう・・・。

Lの存在はその後ニアに引き継がれ—!!”

最新刊の試し読みはここから無料です!サイト内で「デスノート」で検索!もっと読みたい人はサイト内で「デスノート」と検索
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

無料① : ebookJapan(イーブックジャパン)  >>> サービス紹介記事はこちら 
無料② : コミックシーモア             >>> サービス紹介記事はこちら 
無料③ : DMM電子コミック

人気ブログランキングへ   漫画ブログランキング 

スポンサーリンク


関連記事


漫画読み放題 のランキング


おすすめ記事

ピックアップ記事

  1. 胸が鳴るのは君のせい

    未分類, 漫画ネタバレ

    漫画「胸が鳴るのは君のせい」の結末は!?ネタバレ&無料試し読み
    思わず応援したくなるつかさの恋愛を描いた、紺野りさの漫画「胸…
  2. giant-killing

    漫画ネタバレ

    「ジャイキリ(ジャイアントキリング)」最新刊のネタバレ&あらすじ
    これまでのサッカー漫画とは違った視点で描かれたツジトモの漫画…
  3. アオハライド

    漫画ネタバレ

    漫画「アオハライド」完結!小説・アニメ化※ネタバレ&無料試し読み
    『アオハライド』は、2011年2月から2015年3月号まで『…
  4. 王様ゲーム

    漫画ネタバレ

    漫画「王様ゲーム」衝撃の展開!?最終回のネタバレ、無料試し読み
    誰もがしっている「王様ゲーム」を題材にしたマンガがこちら。 …
  5. スプライト

    漫画ネタバレ

    漫画「スプライト」のネタバレと結末(最終回)&無料立ち読み
    今回は石川優吾さんのマンガ「スプライト」を紹介したいと思いま…