7seeds

漫画「7seeds」のネタバレ&試し読み!田村由美の長編大作!

田村由美のSF・ファンタジーの超大作「7Seeds」ネタバレ紹介です。

たしか20巻くらいまで出たタイミングで試し読みをしてみたので、読み始めたのは比較的最近なのですが、いつも次の最新刊がでるのが本当に待ちどうしい作品です。
今は30巻を超えて物語がクライマックスへ向かっているところ! 花と嵐がやっと出会えた!お掃除ロボット越しだけど

バサラもですが、少女マンガだけどぜんぜん少女マンガではありません。
読んだことがない人はもったいないです、絶対に読んだほうがよい作品のひとつですよ!!

 
 総合評価 最新巻 ジャンル 試し読み
 ☆4.8  32巻  SF  ○

最新刊の試し読みはここから無料です!サイト内で「7seeds(セブンシーズ)」で検索!もっと読みたい人はサイト内で「7seeds(セブンシーズ)」と検索
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
無料① : ebookJapan(イーブックジャパン)  >>> サービス紹介記事はこちら 
無料② : コミックシーモア             >>> サービス紹介記事はこちら 
無料③ : DMM電子コミック

人気ブログランキングへ   漫画ブログランキング 


 

7seeds(セブンシーズ)のあらすじ

目が覚めた時ナツがいたのは海の上だった–。

家族で過ごしていたはずの記憶から突然自分のいる状況が一変したナツ。それは彼女だけに起きたものではなかった。
頼りないゴムボートに一緒に乗っていた、嵐、蝉丸、牡丹もみな同じように「ここにいた」という状況。

彼らが行き着いたのは誰もいない無人島、突然のサバイバル生活が始まった。

攻撃的な蝉丸に対し、ナツを庇う嵐。 同世代の3人に対して年上の女性牡丹は今の状況を知っているそぶりを見せる。

—-7seeds プロジェクト—
世界は滅んだ—私たちは滅亡から逃れるためにコールドスリープで人類が再度生きていける状況になるまで眠らされていたメンバーだと—

時を同じくして他のチームも目を覚ましていった。
「春夏秋冬」プロジェクトの創始者たちの想いなのか、それぞれのチームには日本の四季が名称として振り分けられている。

果たして彼らはこの世界を生き延びることができるのか!!!

最新刊の試し読みはここから無料です!サイト内で「7seeds(セブンシーズ)」で検索!もっと読みたい人はサイト内で「7seeds(セブンシーズ)」と検索
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
無料① : ebookJapan(イーブックジャパン)  >>> サービス紹介記事はこちら 
無料② : コミックシーモア             >>> サービス紹介記事はこちら 
無料③ : DMM電子コミック

人気ブログランキングへ   漫画ブログランキング 


 

登場人物

夏のBチーム

優秀な人間ばかりを選んでいた政府関係者が「まっとうで純粋培養な人間は生きる力が弱いのでは」と考え、別条件で選ばれた問題児の落ちこぼれ集団。
健康状態などの条件は他チームと変わらないが、社会に適応しにくい、反抗的、殻にこもっているなどの条件が加えられる。
チームの性質上、他のチームに比べ楽しむことをモットーにサバイバル生活を送っている。

岩清水 ナツ(いわしみず ナツ)
16歳。内向的で自分の殻にこもりがちな性格。いじめられていて学校には通っておらず(登校拒否)ひきこもり状態であった。
内気な性格、かつ周りに同調したり、空気を読むことができなかったことで、周りに迷惑をかけることも多かったが徐々に殻を破っていく。自分自身が変わりたいという願望を持つようになってからはさらにたくましくなりつつある。
嵐のことが好きになるが花の存在と、彼女も未来の世界に来ていることをしって嫉妬と自己嫌悪のジレンマに陥る。
安吾からはサトルの変わりと見立てられあれこれと構われる&教えを請うことで成長する。
現在は蝉丸を意識し始めている。

青田 嵐(あおた あらし)
17歳。
泳ぎが得意で水泳でオリンピックを目指していた。「春のチーム」の末黒野花とは恋人同士。
見た目もさわやかで、穏やかな性格だが直情的というか「熱い」男である。
花を一途に思う。優しく誠実な性格で、ナツに対しても気さくに接する。
心を許した人間は愚直なまでに信頼する純粋な一面を持つ。
安居のことを尊敬しているが一方で安居が花にした事件を知り絶対に許せないとけんかになる。そのうちで夏のAチームの過去を知り彼らが(特に安居と涼)が変わっていくきっかけとなっている。

麻井 蝉丸(あさい せみまる)
18歳。水商売の母親と子一人の母子家庭育ち。
不良少年だが、基本的に面倒見はいい。自分自身がいじめられていた過去を持ち、初めはナツに対して絡むことが多かった。
考えなしで基本的に行き当たりばったりなキャラクターだが、機転のよさと、物事の本質を見極める鋭さは涼もみとめている。
非常に明るくチームのムードメーカー。

天道 まつり(てんどう まつり)
16歳。実家は農家で、作物のことに知識がある。
蝉丸と同じく明るくて前向きな性格。しかし元の世界にいたころは自分は周りと合わせるばかりで、本当の自分を見てくれる相手がいないのでは?という悩みを抱えていた。人に合わせて生きてきた結果、涼や牡丹が認めるほど観察力が優れている。
涼に出会ったばかりのときから好きになっておりかなり積極的にアプローチしている。ナツとは本音で話し合うことのできる良き友人関係にある。

守宮 ちまき(やもり ちまき)
美術大学1年生。彫刻や絵が得意。一日中ずーっと創作活動にふけっていることもある超マイペースな性格。
藻によって動きが取れなくなってしまったボートを脱出させるアイデアを思いついた以外取り立てて活躍の場がない・・・これからくるのか??

草刈 螢(くさかり ほたる)
12歳。勘のいいレベルではない能力を持つ少女。天気は百発百中。春のチームの新草ひばりとは縁戚関係にあり、遠くにいても互いに存在を感じる。
草刈家は新草家の分家。手相を見るのが得意で、涼が安吾に言えずにいることがあると見抜く。ナツには自信を持つきっかけを与える。

早乙女 牡丹(さおとめ ぼたん)
夏のBチームのガイド。元・警察官。ガイドの中で唯一生き残っている存在。
結婚し、妊娠していたこともあるが、臨月間近に事故に遭い、流産してしまった過去を持つ。チームの中でも豊富なサバイバル知識と高い決断力を持つが高圧的でもあり、ナツと嵐からは当初不信感を抱かれ、彼らが一時チームを離れるきっかけとなってしまった。
また、夏Bチームの例に漏れず、平穏時には我を忘れるまではしゃぐ柔軟な一面を持つ。安居と涼に対してははじめから警戒しており、ガイドに渡されていた毒薬の使用も考えていたが、彼らの成長を見て安心して毒薬を捨てた。豊かな肢体を惜しげもなく晒して水浴した際、蝉丸が血迷ってやらせてと懇願したら「子供の父親になる覚悟があるならOK」と現実を突きつけた。

百舌戸 要(もずのと かなめ)
サバイバル術に大変長けている。
花の父である貴士の後輩。夏のAチームを育てていた先生の1人。「7SEEDSプロジェクト」の発案者で、プロジェクト責任者である総理大臣の甥。
幼少時に金持ちである百舌戸家の出自ゆえに誘拐され、解放されるも誰も知る由の無い山奥だったため、救助されるまでの遭難の2週間を苦難の末に生き抜いた。そのことが土台となってサバイバル能力が非常に高く、貴士に頼まれ、花にサバイバル術などを教え込んだ。
自分が思い描いたとおりの結果にいかず、特に夏のAチームの安居に対しては失敗だったと語っている。
最終的には彼らを失敗としてしまう百舌自体に問題があると他のチーム全員から指摘を受け、自身を見つめなおすことになる。
妊娠しているくるみを非常に気遣っている点からも、本来は責任感の強いまじめな人物であると想像できる。

春のチーム
ガイドの柳が仕切るチームであったが、余りうまくいっていないチームだった。
全員がそれぞれの得意分野を活かしながら協力し生活を営んでいた。現在ではチームは一部を除いて離散状態である。

末黒野 花(すぐろの はな)
17歳。強気な性格でかなりの行動力がある。いずれ滅亡すると知っていた父親からあらかじめにサバイバル能力を仕込まれており、ナイフの扱いや虫にも慣れている。実際は父親は公務員だと思っており、7SEEDSプロジェクトの責任者であることを知った時はショックを受けていた。青田嵐とは過去からの恋人同士であり彼との再会が生きる希望となっている。
皮膚が紫のじゅるじゅるなってしまうという病気になりひとりチームを離れるが、後を追ってきた新巻、ハルと共に行動するようになる。
その後、秋チームと合流し竜宮シェルターの日記から両親の最後をしることになる。その後は夏Aチームと合流するが安居と対立し、洞窟の激流に呑まれ消息不明となる。

雪間 ハル(ゆきま はる)
16歳。音楽家を目指していた。後に夏Aチームの小瑠璃と恋人になる。

角又 万作(つのまた まんさく)
18歳。18歳には見えない・・・。
冷静沈着な和風の肉体派だが、そのときの感情を漢詩で表すなど風情も持ち合わせる。
未来へ送られる前、「7SEEDSプロジェクト」の参加者の教授の助手・真野理可子(まの りかこ)と恋人であったが、プロジェクトのことは一切聞いていなかった。
佐渡で彼女の遺体を発見する。記録ディスクの映像により、冷凍された105人の子供の中に理可子が産み落とした息子がいることを知る。

新草 ひばり(にいぐさ ひばり)
12歳。春のチームのアクシデントで離ればなれになった後、海を漂っているところを嵐らに救出される。見た目が同じほたるとは違い、非常に好戦的で上から目線な性格をしている。年上のナツに対してマウンティング的な行動をとり、嵐、蝉丸から指摘を受けるなどかわいくない性格をしている。なお、草刈螢に対して劣等感を抱いている。

鯛網 ちさ(たいあみ ちさ)
18歳。おとなしくしっかりとした性格。花と藤子とはいい友人関係を気づいている。回りをうまくフォローするタイプである。日舞や薙刀を習っていた。
花から夏のAとのトラブルを聞いた際には彼らの「ズルして来た」と言う言い分を「ずいぶんと世間知らず」と一蹴するなど、お嬢様らしからぬしたたかさと豪胆さを併せ持つ。祖父が定めた婚約者が秋ヲだったが、お互いに面識はない。

野火 桃太郎(のび ももたろう)
12歳。記憶力に優れ、学校では神童と呼ばれていた。特に昆虫などの生態に詳しい。通称・のび太くん。
春チームの離散時に漂流し夏Aチームに救出されるが、毒見役や狩りの囮として冷遇される。その後の春チームの合流によって助けられる。

甘茶 藤子(あまちゃ ふじこ)
17歳。医者志望。花とちさとはよき親友。ちさと生活していたところに花が合流。花から医者である夏Aの鷭の存在を聞かされ、くるみの出産に立ち会いたいと願う。

柳 踏青(やなぎ とうせい)
春のチームのガイド。元・自衛隊員。
リーダー意識が強く傲慢な態度を取るが、根底にはチームへの強い責任意識があった。虫に寄生され虫の巣へチームを誘導させられるも、最後はチームを助けるために自らに火を放ち7つの富士の情報を残して果てる。

冬のチーム
北海道で目覚め、他のチームより15年早く解凍された。初めから3名が解凍に失敗し死亡していたため、4名+ガイドでのスタートする。

新巻 鷹弘(あらまき たかひろ)
高校2年生。甲子園のヒーローで、50年に1人のピッチャーと言われるほどの逸材。、嵐・花・万作も彼のファンだった。
冬のチーム唯一の生き残りであり、春のチームと合流するまで15年間犬とともに放浪を続けていた。
東京の廃墟で夏のBのナツ、嵐、蝉丸と遭遇するも嵐が自暴自棄になっていたこともあり拒絶されてしまう。その後春のチームと合流し共に生活する中で花の存在が大きくなっている。とても温厚な性格だが、花のレイプ未遂を知った時に激怒し、安居に石を投げつけ負傷させた。美鶴のことを救えなかったことがずっと尾を引いており、花にそれを重ねているところがある。花が濁流に飲まれたあとはあゆと二人旅を始める。

鮫島 吹雪(さめじま ふぶき)
高校2年生。今世紀最高のショートストップと呼ばれる。新巻と並んで甲子園のヒーロー。美鶴を好きになる。鷹弘と美鶴を守るため虎の犠牲になり、死亡。

神楽坂 美鶴(かぐらざか みつる)
高校2年生。日本舞踊界のホープ。大の高校野球ファンで、鷹弘のことも吹雪のことも知り尽くしていた。以前踊りに行き詰まっていた頃に吹雪にファンレターを送ったことがあり、彼の「オレはやるあんたもやれ」という返信に救われた。吹雪を好きになる。吹雪死亡後、新巻を救うべく衣料を全部彼に譲って夕鶴を舞いながら、吹雪の後を追うように凍死。

秋のチーム
秋ヲと蘭がリーダーとなり、仲良くではなく二人の指示の元生活を続けていた。その後くるみが妊娠したことで2つに分裂。後に春チームの花との出会いがきっかけとなり再統合した。現在は夏Aの一部とも合流している。 

猪垣 蘭(ししがき らん)
建築関係に詳しい。気が強いというより怖い。勝手に未来へ送った人間に強く反発して首謀者の思惑通りに動くことを嫌っていた。
秋ヲを共に秋のチームを支配しているが、自暴自棄になっているわけではなく、冷静に生き延びるための方策も探しており、仲間への思いやりも見せる。
ずっと気を張っていたが、蟻に襲われ傷ついたタイミングでの年上である牡丹との出会いで涙を見せる。親しい者からは「お蘭さん」と呼ばれる。語学が堪能。巨乳。

稲架 秋ヲ(はざ あきを)
ベンチャー企業の若手社長。ちさとは面識のない婚約者同士だった。
渋いキャラクターで物事の核心を突く深い発言をよくしている。夏のAチームの境遇に同情しながらも、自らで自己決定する機会に恵まれなかった経緯を持つ彼らを「温室育ち」と評したことも。

鹿野 くるみ(しかの くるみ)
大人しい性格。流星の子を妊娠する。彼の逃げ癖について思うところがあったが泣きながら話し合い、子を産む覚悟を決める。

荻原 流星(おぎわら りゅうせい)
事勿れ主義者。軽い性格だが、くるみのことは大切に思っている。一時、くるみの妊娠を巡り蘭グループと対立していた。

梨本 茜(なしもと あかね)
海女。勘が鋭く、霊感もあるらしい。くるみと仲が良い。夏のAの源五郎に惹かれている。

八巻 朔也(やまき さくや)
司法試験志望の青年。蘭と秋ヲの秘書的存在。非常に頭が良く見たものを瞬間で記憶できる。
秋のチームでもうまく蘭と秋ヲに取り入っている。優秀ゆえに妬まれる事を避けるため、お調子者の雰囲気をあえて作っている。

刈田 葉月(かりた はづき)
オリンピック級の柔道家の青年。大人しく誠実な性格。自身の名前を気にしている。
恐怖支配ではなくなった後の蘭に対して守る風な発言をしている。

十六夜 良夜(いざよい りょうや)
チームのガイド。みなを引っ張っていく立場だったが、優柔不断で蘭と秋ヲに逆に支配されていまう。全員を毒殺しようとしたが、夏のBチームの嵐、蝉丸、ナツによって阻止される。その後、くるみの妊娠をきっかけに、流星ら反蘭グループのメンバーを率いて村をでる。廃墟となった龍宮の地下シェルターで蘭グループと激突。崩壊する地下シェルターから脱出するため蘭と手を結び秋チームを救う。春・冬チームとも合流し、地下シェルターから出たところで夏のAチームと遭遇。安居に銃で狙われた蘭を庇って死亡した。

夏のAチーム
「7SEEDSプロジェクト」のために育てられたチーム。一般社会から隔離された山奥で育てられ「未来に行く」ことの重要さを教育されてきた。13歳の時点で「火・水・風・土・動物・植物・医療」クラスから2つを選び、専門的な知識を学ぶ。
チーム一同で共同生活していたが、春チームとのトラブルが原因で安居と涼が追放される。残った夏Aのメンバーは一部を除く春チーム、秋チームと共同生活をしていたが、山火事のために避難し、現在は佐渡で離ればなれに。

安居(あんご)
成績優秀なリーダー的存在。ずっと親友の茂を気に掛けていた。
最終テスト目前にして実力を伸ばしてきた茂のことを認めることができず、その思いを最終テストまで引きずってしまう。
そのことが茂が命を落とす原因ともなってしまい自信への後悔と、このプロジェクトにかかわった大人たちを恨んでいる。
未来に来てからはなんの試練も経ていないほかのチームに対して見下す態度をとりトラブルを頻発させていた。特に花とはまったくそりが合わず、レイプしようとしたり濁流に飲み込まれるときに助けなかったりとひどい仕打ちを行う。
結果そのことでチームから追い出されることになる。

その後は夏のBチームと合流。
初めはナツと茂を重ね、ナツの世話を焼いていた。船を脱出する過程で自分達の過去を語った際に嵐から自分達が洗脳されていたという指摘を受け、過去のトラウマから脱するきっかけとなっていた。

涼(りょう)
安居と並ぶ実力の持ち主でライバル的存在。みなを引っ張っていく能力を除けば安居以上の能力がある。
クラスの問題児だったがあえてやっている部分もあり、先生達のことを冷静に見極めている。かといって冷たい人間というわけではなく、自分が認めたあとは大事に見守るタイプ。
安居、蝉丸、まつりに対してその様子が伺える。
夏Bチームとの合流後は彼らの能力に対して疑問を抱き、かつて先生たちの行ったテストと称した死の罠を仕掛けるが、全て失敗に終わる。蝉丸やまつりとの交流を経て夏Bチームを認めるようになり性格も多少軟化する。最終テスト時に茂がロープを自分で切ったことを安居に言えずにいたが、嵐と安居のやり取りを聞いた後に伝え、安居を救った。

小瑠璃(こるり)
ハンググライダーで飛ぶのが得意で、気象や天体のエキスパート。もともとは明るく元気な性格だがテストのトラウマから幻覚幻聴を見るようになっている。
選抜試験時代に安居に対する想いをもっていたが、異性として見られていないことも気づいていた。春チームのハルとの出会いでお互いに惹かれあうようになる。安居の暴走後も安居の無実を信じていたが、安居が花を見殺しにしたのを目撃した挙句に暴行未遂にまで手を染めていた事実を知った事で最終的に決別する。

あゆ
男子からはマドンナと呼ばれるほどの美人のため女子から妬まれていじめを受けていた。
最終テストでいじめをしていた女子が口にしたものが猛毒の植物だと知りながら見殺しにしたことで罪悪感に囚われるようになる。
安居のレイプ未遂を発見し、暴露した。荒巻の旅立ちに同伴することになり、無自覚ながら彼に惹かれている。

鷭(ばん)
医療クラス内では成績はダントツ。普段は寡黙でのんびりしているが、ケガ人が出ると俊敏な動きを見せる。チームの中では最も温厚で追放された安居と涼のことも最後まで気にかけていたが、くるみの出産を手伝うために残った。卯浪を仲間たちが殺した際、殺人を嫌悪して1人だけ撃たなかった。

源五郎(げんごろう)
育てた動物達を大切に思っている。基本的には温厚で優しい性格。選抜試験での体験から、動物達との関わり方を変えるようになり、安居やあゆの非情な振舞にも静観を貫いていた。しかし新巻との出会いをきっかけに動物に対する過去のトラウマを少しずつ解消していく。また、彼も他チームに対しては「楽をして来た」と言う偏見を持っていたが、交流するにつれ彼らも自分達と何も変わらないと感じ態度を軟化させている。逆に安居に対しては花への暴行未遂と見殺しが発覚した後は明らかな軽蔑を抱いた眼で彼を見据えて決別の意を示す。秋の茜とは生物好きの共通点を持つことから親しくなる。

虹子(にじこ)
土クラスと水クラス(8巻では植物クラスと表記)を選択。常に冷静で、他者に対して無感情な面がある。互いに似た部分のある涼と行動を共にすることが多い。唯一最終テストの内容が明かされていない人物で、要でさえも虹子の性格を把握できておらず何かと謎が多い。また、夏のAチーム内で唯一パソコンが使えた。蘭との会話で彼女が自身の知らぬ震災を口にしたため、他のメンバーにも確認して自分達が冷凍されてから一番遅くて春のチームが17年後に冷凍されたという時差を知る。安居と涼が追放された際には治水工事の責任者としての自負から涼と決別する。蘭とは工事の主導権を巡って意地の張り合いをしている。

卯浪(うなみ)
夏のAチームを指導する先生の一人であり、ガイド。非情だが思慮が浅く、安吾たちに憎悪されていたことにも最期まで気づかなかった。チームメンバー決定後、共に冷凍保存されるが、解凍後、安居らに射殺される。
施設[編集] 夏のAチームが育った場所。遺伝子レベルで優秀な子どもたちのみが集められた施設。当初は100名以上いたが基準に合わないものは密かに殺されていた。17歳になったらテストで7名が決まると聞かされていた。「火・水・風・土・動物・植物・医療」クラスから選ばれるのは各クラス1人ずつのため、生死をかけた最終テストが行われた。

茂(しげる)
生まれたときから安居と常に一緒だったが、優秀な安居と対等になれないことにコンプレックスを持つ。記憶力に長け、辞書を丸暗記したこともあるが要領が悪く自信が無い為その力はあまり発揮されない。最終テストで安居への怒りが爆発し別行動をとるが、それが後に安居が鵜飼の罠にはまる原因となる。罠にはまった安居を助けようとするが鵜飼の持っていた銃により重傷を負う。洞窟の中で安居と自分が共倒れの危機に陥った時に親友である安居を未来に行かせるために自分の意志で命綱を切り、夏のAチームに残れず。

最新刊の試し読みはここから無料です!サイト内で「7seeds(セブンシーズ)」で検索!もっと読みたい人はサイト内で「7seeds(セブンシーズ)」と検索
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
無料① : ebookJapan(イーブックジャパン)  >>> サービス紹介記事はこちら 
無料② : コミックシーモア             >>> サービス紹介記事はこちら 
無料③ : DMM電子コミック

人気ブログランキングへ   漫画ブログランキング 


 

 ネタバレ&結末

目を覚ました後突然のサバイバルが開始された。
自分に自身が持てないナツはみなの役に立つこともできず、蝉丸からはいじめられ、牡丹には呆れられる。

そんななかで牡丹から7seedsプロジェクトの概要が語られた。

7seedsプロジェクト
地球滅亡を予測した政府が人類の種を残すために若くて健康な優れた才能を持つ若者を選んでコールドスリープをさせた。

プロジェクトに選ばれたのは春、夏A/B、秋、冬の5チームで各チーム7人と一人のガイドがついている。計40名。

しかし、実は夏のBチームだけ事情がことなり、優れた才能を持つエリートだけを集めると同じ行動をとり全滅する可能性があるため、このチームだけは社会不適合者が集められているのだった。

サバイバル能力のない夏のBチームの生き残りをかけた生活がスタートする。

時を同じくして目覚めていた「春チーム」
嵐の恋人である花もこの未来へ送られて来ていた。

花、藤子、ちせ、角又、ハル、のび太、ひばりと、ガイドの柳を含めた7人がサバイバル生活を開始していた。

彼らの問題は水・食料調達。
大量の大型昆虫がいる奥へいかないと彼らが生活するための食料を手に入れることができない場所での生活だった。

その状況でそれぞれが協力して生活をしているが、ことあるごとに高圧的にメンバーを支配しようとする柳、それに対して真っ向からぶつかる花。
チーム内の不和が見え隠れするなかで、柳が虫の攻撃で怪我をしてしまう。

その後水問題を解決するための手段を見つけた花たちであったが、すこし柳の様子がおかしい———!!

夏のB、春チームよりも15年前に目覚めた「冬チーム」
彼らは滅亡後の北海道で目が覚めた。

高校野球のヒーローだった新巻 鷹弘、鮫島 吹雪と日本舞踊で将来を期待された神楽坂 美鶴が生き残ったメンバー。そのほかにもいたが彼らは冷凍保存が失敗して既に死んでいる状態だった。

冬のチームの一番の敵は「寒さ」そして、虎に良く似た獰猛な獣だった。
少ないメンバーでもうまくやっていた3人だったが吹雪は新巻と美鶴を守るために自分を犠牲にし命をおとしてしまう。

そして怪我をした新巻を守るために美鶴も・・・。

二人の命を犠牲にして、生き延びてしまった新巻は15年間一人きりで生活を続けていた。

最新刊の試し読みはここから無料です!サイト内で「7seeds(セブンシーズ)」で検索!もっと読みたい人はサイト内で「7seeds(セブンシーズ)」と検索
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

無料① : ebookJapan(イーブックジャパン)  >>> サービス紹介記事はこちら 
無料② : コミックシーモア             >>> サービス紹介記事はこちら 
無料③ : DMM電子コミック

人気ブログランキングへ   漫画ブログランキング 

スポンサーリンク


関連記事


漫画読み放題 のランキング


おすすめ記事

ピックアップ記事

  1. pandora-hearts

    未分類

    【ネタバレ】漫画「パンドラハーツ」の結末は!?無料試し読みあり
    不思議の国のアリスをモチーフにした漫画はいろいろありますが、…
  2. やはり俺の青春ラブコメは間違っている。

    漫画ネタバレ

    漫画「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」のネタバレ&最新話
    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。タイトル長いっ!!通…
  3. 監獄学園

    漫画ネタバレ

    【ネタバレ】漫画「監獄学園」は今後どうなる!感想&無料試し読み
    平本アキラの漫画『監獄学園』(プリズンスクール)読んだことあ…
  4. アイシールド21

    漫画ネタバレ

    アメフト漫画の金字塔「アイシールド21」を試し読み。ネタバレも!
    あのワンパンマンの作者でおなじみ、村田雄介先生のデビュー作!…
  5. 人狼ゲーム

    漫画ネタバレ

    漫画「人狼ゲーム」の結末は!?最終回ネタバレ、無料試し読み
    『人狼ゲーム』(じんろうゲーム)は、川上亮による日本のホラー…