pandora-hearts

【ネタバレ】漫画「パンドラハーツ」の結末は!?無料試し読みあり

不思議の国のアリスをモチーフにした漫画はいろいろありますが、そのひとつが望月淳の作品「Pandra Hearts(パンドラハーツ)」
今回はそのあらすじ&ネタバレと試し読みの紹介です!

15歳の成人の儀から始まるファンタジーはその緻密な設定と画力、そして一番は数百年の繋がりを描く壮大なストーリーが魅力です。
キャラクターがかわいいのもオススメなポイント!!

オズの正体はちょっと予想外でした、これを初めから考えてた作者スゲーってなりますよ!
あとは、個人的に公爵家とか、ギルバート=ナイトレイみたいな名前とかの中世ヨーロッパ調の雰囲気が大好きです!

 
 総合評価 最新巻 ジャンル 試し読み
☆4.6 全24巻 ファンタジー  ○

最新刊の試し読みはここから無料です!サイト内で「Pandora Hearts(パンドラハーツ)」で検索!もっと読みたい人はサイト内で「Pandora Hearts(パンドラハーツ)」と検索
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
無料① : ebookJapan(イーブックジャパン)  >>> サービス紹介記事はこちら 
無料② : コミックシーモア             >>> サービス紹介記事はこちら 
無料③ : DMM電子コミック

人気ブログランキングへ   漫画ブログランキング 


 

Pandora Hearts(パンドラハーツ)のあらすじ

15歳の成人の儀に訪れた厄災・・・身に覚えのない罪によって、永遠の牢獄アヴィスに堕とされたオズ=ベザリウスは「アリス」と出会う――。

四大公爵家ベザリウス家の次期当主・オズ=ベザリウスは、15歳の成人の儀の最中に自身には覚えのない罪によって、闇の監獄・アヴィスへと堕とされてしまう。

アヴィスの中に閉じ込められた彼はそこで「血染めの黒うさぎ(ビーラビット)」と呼ばれるチェインのアリスと出会い、彼女と契約を交わすことでアヴィスから脱出することに成功した。
だがそこは、10年が経過した後の世界・・・。

ギルバート=ナイトレイ、シャロン=レインズワース、ザークシーズ=ブレイクらと再会を果たしたオズ。
アリスの失われた記憶とは何か。そしてオズの罪とは何なのか。運命の歯車が動き出すーー。

最新刊の試し読みはここから無料です!サイト内で「Pandora Hearts(パンドラハーツ)」で検索!もっと読みたい人はサイト内で「Pandora Hearts(パンドラハーツ)」と検索
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
無料① : ebookJapan(イーブックジャパン)  >>> サービス紹介記事はこちら 
無料② : コミックシーモア             >>> サービス紹介記事はこちら 
無料③ : DMM電子コミック

人気ブログランキングへ   漫画ブログランキング 


 

登場人物

オズ=ベザリウス
四大公爵家の一つベザリウス家の次期当主。
15歳の成人の儀の際にバスカヴィルの民によって身に覚えの無い罪を宣告され、闇の監獄・アヴィスに堕とされた。
そこで血染めの黒うさぎ(アリス / ビーラビット)のチェインと契約を交わすことでアヴィスを脱出したが、たどり着いたのは10年後の世界だった。

世界に戻った後はアヴィスに堕とされた理由である己の罪と、現実世界に散らばったアリスの記憶を探すために行動している。

血染めの黒うさぎ(ビーラビット)との契約の影響のせいか、時折力を暴走させ、鎌を振るう。
妹のエイダを溺愛している。母は幼い頃に亡くなり、父親には嫌われている。
叔父のオスカーがオズにとっての父親代わりであった。

ストーリーガ進むことで明らかになったのは、実は彼はレイシーが持つうさぎのぬいぐるみに魂が宿って生まれた存在であり、アリスに「オズ」と名付けられる。だがのちにジャックとの契約で黒うさぎ(ビーラビット)のオズというチェインとなった存在だった。

やがてチェインとしての自覚を無くした魂が巻き戻しを続けるジャックの肉体に残り、現在のオズ=ベザリウスとして形成された。この事実を知った後は一度は己の存在を否定しかけるも、エコーやギルバートの言葉を受けて自分がそこにいることを肯定できるようになる。

アリス(血染めの黒うさぎ / ビーラビット)
オズと契約を交わした「血染めの黒うさぎ(ビーラビット)」と呼ばれるチェイン。
容姿とは裏腹に、凶暴かつ男勝りで欲しいものは強引にでも手に入れたがる自己中心的な性格であるが、あれこれ考え込まないさっぱりとした部分もあり、時折ツンデレな一面も見せる。
普通のチェインとは性質を異にしており、確立した人格を持っている上に人間を食べる必要がない。
本来の姿は大鎌と鎖を武器とした巨大な黒いうさぎだが、普段はオズの体に負担をかけないようにギルバートのチェイン・鴉(レイヴン)によって力を制御されているため、黒髪の少女の姿をしている。

失われてしまった自分の記憶を探すためにオズと違法契約を交わし、アヴィスからオズたちがいる世界へとやって来た。

もともとはアヴィスで生まれ落ちた人間の少女でアヴィスの意志とは双子の姉妹。
100年前のサブリエでオズ(ぬいぐるみ)やレヴィ・オズワルドらと共に暮らしていた。サブリエの悲劇の際ジャックとの契約で虐殺を強いられるオズ(ビーラビット)を救うため、そしてジャックをアヴィスの意志に干渉させないために自ら喉を切って絶命。直後にオズの力を奪い取って自身が黒うさぎ(ビーラビット)となる。アヴィスの意志の記憶を砕いた影響で自身も記憶を失い、奪った力と黒うさぎとしての自覚だけが残ったために、血染めの黒うさぎとして力を行使していた。

ギルバート=ナイトレイ
オズの親友であり忠実な従者。二丁拳銃を武器として使う。
幼いころに傷だらけで倒れているところをベザリウス家に保護され、使用人となった。その時には記憶をなくしていた。
出会った当初はオズのことを主人(マスター)と呼んでいたが、オズがそれを禁じたために以降は「坊ちゃん」、再会後は「オズ」と呼んでいる。

オズがアヴィスに堕とされた後は、彼を救うためベザリウス家と敵対するナイトレイ家の養子になっており、現在は首都レベイユ郊外で一人暮らしをしている。

パンドラの一員となり、ナイトレイ家の所持するチェイン・鴉(レイヴン)を手に入れ、10年間オズの帰還を待ち望んでいた。自分の身を顧みないオズを常に見守り、時には盾となり続けてきたが、彼が「ギルに寄りかからなくてすむように」と変わり始めていくにつれ、自分だけが取り残される恐怖心を覚えるようになる。
10年間で性格は様変わりしたが根の部分は変わらず、オズやシャロン、ブレイクからは今でも弄られており、ヘタレと称されることもある。酒が入ると泣き上戸になる。

かつてはヴィンセントと共に100年前の時代を生きており、二人で放浪していたところをジャックに保護された。
元々はオズワルドの後継として次のグレンを受け継ぐはずだったが、レイヴンを受け継ぐ儀式が中断されたためにグレンとはならず、契約の資格のみを保有し続けてきた。

シャロン=レインズワース
レインズワース家の令嬢。パンドラに属している正規の契約者。契約の影響で体の成長が13歳で止まってしまっている。
オズが一目惚れするほどの美少女だが、オズに負けずと劣らない強かで腹黒い一面も持っている。
アリスのことは妹のように思っているようだが、その強引さからアリスには恐れられている。
契約しているチェインは、一角獣(エクエス)。主に偵察や謀報活動に使っているが、戦闘能力もなかなかのものであるらしい。

ザークシーズ=ブレイク
レインズワース家の使用人であるが、使用人としての仕事内容は不明。シャロンと同じく、パンドラに所属している正規の契約者である。50年前アヴィスに堕ちた際、左目を奪われ、それを前髪で隠している。。
「エミリー」と名付けられた人形をよく肩に乗せており、腹話術で会話をしている。
本名をケビン=レグナードといい、50年前「赤眼の亡霊」と恐れられていた違法契約者であった。二度の契約を重ねているために肉体への負荷が蓄積し、視力低下を始めとした諸症状が現れているものの、周囲の気配や音を頼りに戦闘をこなすなど傍目には衰えを感じさせない

ジャック=ベザリウス
約100年前のベザリウス家の三男(妾の子)で、オルゴール職人をしていた。レイシーに出会う前はホームレス同然の生活をしていた。
現在では貴族達の間で「サブリエの悲劇」を止めた英雄として語り継がれており、後のベザリウス家の隆盛に大きく貢献した。
アリスの記憶の中に魂の断片として存在していたが、現在はオズの精神の中に宿っており、有事の際にはオズを乗っ取ることもある。
アリスがその場にいないにも関わらず黒うさぎの力を引き出すなど、謎の多い人物である。
グレン=バスカヴィルとは親友であり、バスカヴィル家と親交のあった数少ない人物だった。アリス達の正体や、グレンを殺した苦悩を綴った手記を、当時のバルマ公に託している。
「黒うさぎのオズ」の契約者。

エイダ=ベザリウス
ベザリウス家の長女でオズの実妹。
国内屈指の名門校・ラトウィッジ校に在学しており、風紀委員を務めている。
エリオットに嫌われているが、エイダ自身は、エリオットのことをいい人と認識している。一方で学内でエリオットが自分の飼い猫と戯れている様子を目撃して可愛いと感じている。
ヴィンセントに好意を持っており、彼に何を言われても一途に慕っているが、そのことをオズやオスカーに話せていないため、彼らの気を激しくもませている。
アヴィスへと落とされた兄を救う手掛かりを求め、黒魔術等を調べていく内にオカルト好きになってしまい、幾つもの禍々しいオカルトコレクションを秘密部屋に隠している。

オスカー=ベザリウス
オズの叔父で、経緯は不明だが、ベザリウスの現当主を務めている。ベザリウスの扉の鍵を所有しており、妻の指輪に宿らせている。
オズやギルバートにとっては父親代わりであり、オズの成人の儀も執り行った。陽気で庶民的な性格で、ブレイクとも仲が良い。ヴィンセントに苦手意識を抱いている。

サラ
オスカー=ベザリウスの妻。平民の出で、オスカーがお忍びで街に来た時に出会った。
体が弱かったため出産時に母子ともに亡くなっている。

ザイ=ベザリウス
オズの父親。オズを疎みその存在すら受け入れなかった。
オズの幼少時代はベザリウス家の当主であったと考えられるが、成人の儀以降はその行方も動向も不明である。
オズをアヴィスにおとした張本人であり、10年前からバスカヴィルの民と手を組んでいる様子がみられる。
ベザリウス家の所有するチェイン・グリフォンの契約者である。

レイチェル=セシル
オズとエイダの母親でザイ=ベザリウスの妻。エイダを産んで間もない頃に亡くなっている

ヴィンセント=ナイトレイ
ギルバートの実弟で、彼と同じく100年前からやって来た人間。
15年前に傷だらけで倒れているところを四大公爵家の一つナイトレイ家に保護され、養子となった。元はサブリエでギルバートと共に暮らしており、「サブリエの悲劇」によってアヴィスに堕ち、アリスの部屋の崩壊に巻き込まれ現在に脱出する。
右目がワインレッド、左目が金色のオッドアイで、幼少時代はその紅眼から「禍罪の子」と称され、迫害されて育った。
一度気を許した相手にはとことん尽くすタイプ。100年前、自分とギルバートを救ってくれたジャックには、異常なほどに懐いている。また、グレンとして目覚めたリーオにもかなり気を許している。
ナイトレイ家で過ごしている間冷たい仕打ちを受けていたが、唯一ギルバートとヴィンセントに好意的に接していたエリオットだけは好いていた。
バスカヴィルの民と繋がっており、四大公爵家が持つ扉の鍵を狙っている。エイダに近付いたのも、ベザリウスの鍵を持つオスカーに対しての人質にするためであったが、エイダの一途さに心が揺らぐこともある。
契約しているチェインは、眠り鼠(ヤマネ)。二重契約者であり死刑執行人(ディミオス)の違法契約者でもある。

エコー
ヴィンセントを主とする従者。身体能力が高く、袖に隠した暗器を使いこなす。常に無表情・慇懃な口調で話し、機械的に行動する。
生まれた時からナイトレイ家に仕えており、現在はヴィンセントの傍にいるが彼自身にはあまり良い感情を持っていない様である。命令には絶対服従であり、ヴィンセントにどんな仕打ちをされても受け入れている

オズに好意を持っている様子が見受けられ、アリスに嫉妬しているような描写もみられる。オズからは、「エコちゃん」と呼ばれており、その度に、「エコーです。」と言い返すパターンがお決まりになっている。
二重人格者であり、ツヴァイ(ノイズ)と同一人物である。本人曰く「エコーは使い捨ての人格」らしい。

エリオット=ナイトレイ
ナイトレイ家の嫡男で、ギルバートとヴィンセントの義弟。
幼い頃からナイトレイ家の人間だということで中傷されており、「ナイトレイ家の誇り」に執着する傾向がある。
ベザリウス家を良く思っていないのは、父であるナイトレイ公爵からベザリウスへの憎しみを忘れるなと教育を受けていたからである。実兄姉らと違い、養子であるギルバートとヴィンセントの事もナイトレイ家の一員として見ている。それゆえに、家を出、オズの従者を自称するギルバートには反発しがちだが、義兄として慕っている風もある。
曲がったことが嫌いな直情型の性格で、「自分を軽視するものに他人を守る資格はない」という、オズとは対照的な信念を持つ。短気で口が悪く素直になれない所がある。エイダ曰く「優しくて頼りになる人」、リーオに言わせれば「聡いのに馬鹿」である。
パンドラ一強い男と称されているブレイクに憧れており、これまで剣の勝負を挑んではその度に負かされている。ブレイクからは「沸点の低いお坊っちゃん」として認識されている。
家族の反対を押し切り、対等な友として孤児であるリーオを従者にした。ユラ邸での首狩り騒動時に、自分がハンプティダンプティと契約していたことを思い出し、オズ達に背負わせず、全てを引き受けるべくチェインを否定し、誇り高き最期を迎える。

リーオ
エリオットの従者。
ナイトレイ家が運営する孤児院「白き天使(フィアナ)の家」の出身。
エリオットのことを心から尊敬しており、彼のためならば、例えそれがオズや自分であっても殺せるとオズに話し、またその際、自分がすべての元凶ならばオズの手で殺すよう頼んだ。
グレンの魂の継承者で、幼い頃から歴代グレンの声が聞こえ、黄金の光が見えていた。エリオットの死後、眼を隠すことをやめ、髪を切る。忠誠を誓ったヴィンセントと、アヴィスの意志を消し去ることを決心する。
グレンの魂の封印が解けた際、体の所有権をオズワルドに奪われる。

バーナード=ナイトレイ
四大公爵家の一つであるナイトレイ公爵家の現当主。
パンドラでの会議中、突然の黒うさぎ(アリス)とオズの襲来にも怯まなかった勇敢な心の持ち主。
エリオットの実父であり、またギルバートとヴィンセントの養父にあたる。
100年前に失われたナイトレイ家の誇りを取り戻すことに執念を燃やし、その一環としてチェインの研究のため実験施設として「白き天使(フィアナ)の家」を設立し、またアヴィスの情報をえるため、バスカヴィルやユラと繋がっていた。
実子であるエリオットの命よりもチェインの研究を優先し、家族が皆死んでも自らの保身しか頭になかったため、激昂した首狩りに首をはねられる。

シェリル=レインズワース
シャロンの祖母で四大公爵の一つであるレインズワース公爵家の現当主。
契約しているチェインは梟(アウル)。
シャロンと同じく、いつも穏やかな笑顔を浮かべているが、なかなかに強かで腹黒い性格である。

シェリー=レインズワース
シャロンの母。大らかな人柄で、ブレイクは彼女に救われて以来、忠誠を誓っている。幼い頃から体が弱く、既に亡くなっている。

ルーファス=バルマ
四大公爵家の一つであるバルマ公爵家の現当主。バルマ家はもともとは何代か前にかの国からやってきた外来貴族。丸々と太った奇矯な性格の老人の姿で公の場に現れるが、それはチェインの力でつくりだした幻。
契約しているチェインは愚鳩(ドードー)、幻覚を作り出す能力を持っており、黒い翼を有するチェインの1つ。

レイム=ルネット
バルマ家の使用人でブレイクの友人。
ルネット伯爵家の第二子。パンドラではある程度責任のある立場にいることが言動から窺え、周囲からの信頼も厚い。生真面目な性格故にいつもブレイクやオスカー、ヴィンセントに振り回されている。動揺するとかけている眼鏡を拭き始める癖がある。

アーサー=バルマ
100年前「サブリエの悲劇」に遭遇した頃のバルマ公爵家の当主。
ジャックから依頼を受け、彼の肉体を5つに引き裂いてグレンを封印したとされる。
「サブリエの悲劇」について手記を残したが、バルマの屋敷内に厳重に隠した。難解な暗号で記されたその手記には、友・グレン=バスカヴィルを殺したことへのジャック=ベザリウスの懺悔がつづられていた。

ミランダ=バルマ
アーサーの妹。100年前、ヴィンセントにアヴィスの扉の開き方を教えた張本人である。
サブリエの悲劇が起こる直前、グレン(オズワルド)と立ち話をしている。
死後、アヴィスで後にヴィンセント=ナイトレイと契約する死刑執行人(デイミオス)に変貌。

グレン=バスカヴィル
「サブリエの悲劇」の首謀者とされている、バスカヴィル家の当主。バスカヴィルの民にとっては絶対的な存在であり、また不滅の魂を持ち、肉体を何度も替えながら生き続けている。魂が引き継がれた後の肉体は、アヴィスの力が染み込んでいるため、チェインと化す。
鷹獅子(グリフォン)、鴉(レイヴン)、梟(アウル)、愚鳩(ドードー)、黒竜(ジャバウォック)の5体のチェインと契約し、またその5体を次の器に移すことで魂を引き継ぐ。

レヴィ
先々代のグレン。
バスカヴィルの歴史に石を投げ入れようと、アヴィスを人の手で掌握するための実験を行った。
アリスの父親。アヴィスの核を、アヴィスの意志と名付ける。オズワルドにグレンを引き継がせた後、器はハンプティダンプティとなった。ジャックにバスカヴィルの城への抜け道を教えた人物であり、また実験の続きをジャックに託した。

オズワルド
サブリエの悲劇の首謀者とされている先代のグレン。生真面目で物静かな性格。ジャックとは深い親交があり、笑顔をみせるなど心を許していた。しかし、サブリエでの大虐殺を行った後、ジャックによって殺された。
レイシーの実の兄であり、グレンを引き継いだ後、禍罪の子である彼女をアヴィスへと堕とした。その償いのためか、レイシーと入れ替わりに現実世界へとやってきたアリスの世話をたった一人でしていた。

ロッティ
本名はシャルロット。ロッティという愛称は、100年前、ジャックが初対面の時につけたもの。
バスカヴィルの民の一人で、100年前のサブリエで暮らしていた。活発で物怖じしない性格だが現実主義者であり、主の命を遂げるために手段を選ばない冷酷な一面も持つ。
サブリエの悲劇の直後アヴィスに堕ち、4年前に現実世界に戻ってきた。
契約しているチェインは黒獅子(リオン)

ツヴァイ
血を好む残忍な性格で、成人の儀の時からオズを執拗につけ狙う。
その正体はエコーのもう一つの人格であるノイズで、ヴィンセントの事を非常に好いている。エコーのことを単なる「反響音」と称し、軽視している。
契約しているチェインはドルディー。

ファング
バスカヴィルの民であり、大剣を操る剣士。普段の態度は紳士的で、常にロッティやリリィを気遣っている。顔に掘られた入れ墨は、タグと共にリリィのものを真似ている。好きなものはたそがれること。
ロッティ達と共にユラの屋敷へ封印の石を探しに行き、ブレイクとの戦闘の末、死亡。
契約しているチェインはトーブ。ハーチュでは悲惨な絵を披露している。

リリィ
バスカヴィルの民の一人。幼い少女であり、顔には魔の入れ墨を彫られている。
「サブリエの悲劇」が起きた100年後にバスカヴィルの所有する扉から現代にやってきた。
体の弱かったリリィは家族から能無しと疎まれてきた。あげくの果てには、「魔の入れ墨」を顔に無理矢理彫らされ、村から追放された。森で息絶えかけた瞬間、金色の光が身体の中へと入り、バスカヴィルとなった。
ユラ邸での騒ぎでレイムを捕らえた際、お互い’役立たず’同士として、レイムに懐いた。
契約しているチェインはバンダースナッチ。

レイシー
ジャックにとって大切な存在だった女性。この世の全てに絶望していたジャックを見つけ、彼の唯一の希望となる。グレン(オズワルド)の実の妹である。グレン(オズワルド)が作曲したオルゴールの曲名も彼女の名前から取られた。
アリス達の母親。
グレン(レヴィ)に持ちかけられた実験に、アヴィスの底にいる「誰か」が一人でなくなるのならと合意し、彼の子を孕み、堕されたアヴィスでアリス達を産み落とした。
人殺しを厭わない残酷な面もある。降り注ぐ血を楽しげに浴びる様子は娘のアリス(アヴィスの意志)を彷彿とさせる。

最新刊の試し読みはここから無料です!サイト内で「Pandora Hearts(パンドラハーツ)」で検索!もっと読みたい人はサイト内で「Pandora Hearts(パンドラハーツ)」と検索
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
無料① : ebookJapan(イーブックジャパン)  >>> サービス紹介記事はこちら 
無料② : コミックシーモア             >>> サービス紹介記事はこちら 
無料③ : DMM電子コミック

人気ブログランキングへ   漫画ブログランキング 


 

 ネタバレ&結末

四大公爵家ベザリウス家の次期当主・オズ=ベザリウスは、15歳の成人の儀の最中に自身には覚えのない罪によって、闇の監獄・アヴィスへと堕とされてしまった。

そのアヴィスで彼は一人の少女と出会う。
彼女は「血染めの黒うさぎ(ビーラビット)」と呼ばれるチェインで「アリス」という名前だった。

そしてアヴィスから脱出するためにオズはアリスと契約を交わす。

アリスの力でアヴィスを脱出したオズであったが、そこは10年が経過した後の世界だった・・・。

ギルバートはオズを救うためにべザリウス家と敵対するナイトレイ家の養子になっていた。
そしてパンドラの一員となり、ナイトレイ家の所有するチェイン・レイブンを手に入れて彼の帰還を待ち望んでいた。

さらに、シャロン、ブレイクらとの出会いを果たしたオズ。
アリスの失われた記憶とは何か。そしてオズの罪とは何なのか。運命の歯車が動き出すーー。

世界に戻ったオズがすべての謎を解き明かすには時間が限られていた。
その刻が過ぎるとオズは再度闇に飲み込まれてしまう。果たして彼の運命は・・・・

レインズワース公爵家令嬢のシャロンと、その使用人のブレイクから、「パンドラ」への協力を要請されるオズとアリス。
自分の記憶を探しているアリスは、嫌々ながらもその記憶を取り戻すために協力をはじめる。また、オズも自分の「罪」を知るために彼らに協力をはじめた。

ナイトレイ公爵家、バルマ公爵家などの現当主と共に、アヴィスの秘密にすこしずつ近づいていく。
しかし、彼らにたいしてバスカヴィルの民という敵が立ちふさがる!!

敵に対抗する手段は「チェイン」という召喚獣を使った戦闘
チェインは、アヴィスで生まれた生命体の総称であり。そのほとんどが亡霊のような姿をしている。
人間に「過去を変えることができる」と契約を持ちかけ、契約を交わすことで力を手に入れることができる。

オズは自分の過去と、アリスとのつながりの謎を紐解いていくことでいったい何が自分の罪なのかを知ることとなった。
自分自身の正体を知り更なる力を手にしたオズは———!!!

最新刊の試し読みはここから無料です!サイト内で「Pandora Hearts(パンドラハーツ)」で検索!もっと読みたい人はサイト内で「Pandora Hearts(パンドラハーツ)」と検索
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

無料① : ebookJapan(イーブックジャパン)  >>> サービス紹介記事はこちら 
無料② : コミックシーモア             >>> サービス紹介記事はこちら 
無料③ : DMM電子コミック

人気ブログランキングへ   漫画ブログランキング 

スポンサーリンク


関連記事


漫画読み放題 のランキング


おすすめ記事

ピックアップ記事

  1. 青の祓魔師エクソシスト

    漫画ネタバレ

    【ネタバレ】青の祓魔師(エクソシスト)の今後は?漫画無料試し読み
    自分が悪魔の王「サタン」の血を引いていて、養父が殺されてしま…
  2. ムルシエラゴ

    漫画ネタバレ

    漫画「ムルシエラゴ」は今後どうなる!?無料ためし読み&最新刊ネタバレ
    よしむらかなの漫画「MURCIELAGO -ムルシエラゴ-」…
  3. 王様ゲーム

    漫画ネタバレ

    漫画「王様ゲーム」衝撃の展開!?最終回のネタバレ、無料試し読み
    誰もがしっている「王様ゲーム」を題材にしたマンガがこちら。 …
  4. 僕のヒーローアカデミア

    漫画ネタバレ

    漫画「僕のヒーローアカデミア」の最新話は!?ネタバレ&試し読み!
    2016年にテレビアニメ化され、原作コミックは週刊少年ジャン…
  5. 胸が鳴るのは君のせい

    未分類, 漫画ネタバレ

    漫画「胸が鳴るのは君のせい」の結末は!?ネタバレ&無料試し読み
    思わず応援したくなるつかさの恋愛を描いた、紺野りさの漫画「胸…