カゲロウデイズ

漫画「カゲロウデイズ」の結末は!?無料試し読み&最終回のネタバレ

Webを使った「楽曲」「小説」「まんが」「アニメ」などのマルチメディアで展開された「カゲロウプロジェクト」
その中のまんが板の「カゲロウデイズ」のネタバレ&感想です。

当時のニコニコ動画で超人気だった「じん」の楽曲がスタートで、初音ミクも使われています。

その後、楽曲とともに小説、まんがと展開されていき人気が加速します。
2013年2月17日にニコニコ動画に投稿された「夜咄ディセイブ」は投稿から20分後に8万回再生、投稿から約4時間59分で殿堂入りを達成!VOCALOIDを使った曲としては歴代2位の速さとなっています。

なんか、センスいいな~って感じですね!!

 総合評価 最新巻 ジャンル 試し読み
☆3.8   8巻  SF  ○

最新刊の試し読みはここから無料です!サイト内で「カゲロウデイズ」で検索!もっと読みたい人はサイト内で「カゲロウデイズ」と検索
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

無料① : ebookJapan(イーブックジャパン)  >>> サービス紹介記事はこちら 
無料② : コミックシーモア             >>> サービス紹介記事はこちら 
無料③ : DMM電子コミック

人気ブログランキングへ   漫画ブログランキング 


 

カゲロウデイズのあらすじ

8月14日。

引き篭もりの青年・如月伸太郎(きさらぎ しんたろう)は、パソコンに居ついている電脳少女・エネのいたずらのせいでマウスとキーボードを故障させられてしまう。
仕方なく2年ぶりに外出することとなった伸太郎だが、運悪すぎて買い物に行った先のデパートで立て篭もり事件に巻き込まれたうえ、人質となってしまう。

同8月14日。

伸太郎の妹で人気アイドルの如月桃(きさらぎ もも)も同じデパートにいた。

ファンの人ごみから逃れた先でメカクシ団の団長・木戸つぼみ(きど つぼみ)に出会ってしまったももはそのままメカクシ団のアジトに連れて行かれる。
自身の持つ「目を奪う」能力に苦しんできたモモは、能力の制御を身に着けるためメカクシ団に加わることを決意する。

小桜茉莉(こざくら まり)の不注意によりモモの携帯電話が故障してしまい、キドの「目を隠す」能力によって姿を隠してメカクシ団全員で向かったデパートで、「たまたま」外出していたシンタロー、そして事件に遭遇する——!!”

最新刊の試し読みはここから無料です!サイト内で「カゲロウデイズ」で検索!もっと読みたい人はサイト内で「カゲロウデイズ」と検索
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

無料① : ebookJapan(イーブックジャパン)  >>> サービス紹介記事はこちら 
無料② : コミックシーモア             >>> サービス紹介記事はこちら 
無料③ : DMM電子コミック

人気ブログランキングへ   漫画ブログランキング 

 

 

登場人物

メカクシ団 メンバー
シンタロー(如月 伸太郎、きさらぎ しんたろう)
能力:目に焼き付ける
パソコンに入り浸っている引きこもりの18歳の青年。
パソコンに侵入した謎のソフト・エネに手を焼いているが、ネット依存症ゆえに電源を消すこともできずにいる。
ある日エネの悪戯のせいでパソコンが使えなくなり、買物のため2年ぶりに外出したところ、強盗事件に巻き込まれ、そこでメカクシ団と接触を持ち、エネに脅されて半ば無理矢理入団することになった。
常識的だが、小心者でメカクシ団のメンバーに翻弄されている。反面、コノハのことで元気がなかったエネを充電が少ないせいだと勘違いしたり、ドアが開いていたからとモモの部屋を勝手に覗いたりと、少々デリカシーに欠けている。引きこもる前は、生意気で冷めた性格だった。IQは168で、テストは常に満点の成績を修めていたが、体力は無く、運動も苦手。
アヤノの自殺により高校を中退して現在の生活を送る様になる。
中学3年の頃に、アヤノと共に訪れていた貴音の高校文化祭で貴音と出会う。「ヘッドフォンアクター」という殺戮シューティングゲームで対戦を行い本気で挑んでいた貴音にパーフェクトで勝利した。
遠い昔の「カゲロウデイズ」で、同じ悲劇は絶対に起こさないことをマリーと誓い、見た物を全て記憶する「目に焼き付ける能力」を得た。IQの高さはこの能力のおかげ。

キド(木戸 つぼみ、きど つぼみ)
能力:目を隠す
メカクシ団の団長。気性が強い。
しかし、料理上手で、リンスを変えたりこっそりフリルのスカートを買ったりと、女の子らしい一面もある。また、お化け屋敷やジェットコースターなどに怯える怖がり屋。
カノ、セトとは同じ孤児院出身で、共に楯山夫妻に引き取られた。
元は素封家の愛人の子あったが、父親が会社の倒産で、ヤケを起こして家に火を放ち一家心中を計ったことで死亡。
その時に姉と共に「カゲロウデイズ」に接触し、ものの存在感を薄める「目を隠す」能力を手に入れた。
能力中に対象者が大声を出しても気付かれないが、ぶつかったり触れたりすると存在を認識されてしまう。

セト(瀬戸 幸助、せと こうすけ)
能力:目を盗む
緑色のつなぎを着た青年。快活な性格で、放浪癖がある。
普段は様々なバイトをこなしており、メカクシ団の生活費はほとんどセトのバイト代で賄っている。
キド、カノとは同じ孤児院出身で、共に楯山夫妻に引き取られた。両親はおらず、当時は気弱な性格で虐められており、捨てられた子犬を唯一の友達としていた。
しかし、その子犬が子供達に氾濫した川に投げ込まれてしまい、助けようとして氾濫した川に飛び込み死亡。
その時に「カゲロウデイズ」に接触し、対象の情報を心も含めて読み取る「目を盗む」能力を手に入れた。
この能力を手に入れたことで逆に周囲から忌み嫌われたため、「意思疎通もせず人目を盗むような嫌な能力」と思い、現在はこの能力を嫌い、使うことを避けている。

カノ(鹿野 修哉、かの しゅうや)
能力:目を欺く
つり目が特徴的な青年。飄々とした性格で常に笑顔だが、しかし、いざという時には頼れる。
キド、セトとは同じ孤児院出身で、共に楯山夫妻に引き取られた。情緒不安定な母親に虐待されて育てられていたが、ある日、強盗に母親と共に刺殺され、その際に「カゲロウデイズ」に接触。
他人の目に映る自身の姿を偽る「目を欺く」能力を手に入れた。彼が常に笑顔なのはこの能力によるものだが、痛みを感じると解除される。アヤノのことを姉として慕っており、かなりのシスコン。
頼まれてアヤノに成りすまし高校に通っていたことがあり、その時にシンタロー、貴音、遥と会っている。
実はアヤノの自殺の真相や「目が冴える蛇」の目的を知っていたが、義父ケンジロウの姿をした「冴える蛇」に脅されてしまいキドやセトに話すことができなかった。

マリー(小桜 茉莉、こざくら まり)
能力:目を合わせる
メデューサと人間のクォーターの少女。白い肌、白い長い髪に桃色の瞳と、青と白のエプロンドレスが特徴。
目を合わせた相手の動きを止める「目を合わせる」能力を持ち、童話のヒロインのような外見とは裏腹に年齢は140歳。
メデューサは本来相手を石にする力を持つが、メデューサの血を1/4しか持たないマリーは、相手の動きを一定時間止めるのみ。
かつては母・シオンと共に森でひっそりと暮らしていたが、ある年の8月15日に言いつけを破り外で遊んでいたところ、人間に見つかり暴行される。シオンはマリーを助けるために人間を石にしようとするも、間に合わずにマリーは撲殺され、力の反動でシオンも死亡してしまう。その際に祖母のアザミにシオンと共に「カゲロウデイズ」に引き込まれ、アザミに失った命の代わりにメデューサの力の核にして全ての蛇(能力)を統括する「目を合体させる」蛇を与えられ、メデューサの力を手に入れて蘇った。「目が冴える蛇」の陰謀と、メカクシ団とずっと一緒にいたいという思いから、現実世界を「カゲロウデイズ」化させてしまっている。

モモ(如月 桃、きさらぎ もも)
能力:目を奪う
シンタローの妹で、高校1年生の人気アイドル。明るく世話好きな性格だが、メカクシ団に入る前は人一倍目立ってしまう特異体質ゆえに周囲から疎まれやすく、友達もいなかった。
幼い頃、父と海難事故に遭って溺死した際、「カゲロウデイズ」に接触したことで、自分自身や自分の作ったものが人の目を惹きつける「目を奪う」能力を身につけた。
しかし制御できておらず、常に理由なく目立ってしまうことを疎ましく感じており、能力を抑えるために偶然出会ったメカクシ団に加わる。

エネ(榎本 貴音、えのもと たかね)
能力:目を覚ます
シンタローのパソコンに居つく電脳体の少女。大体の電子機器へ移動することが可能で、ハッキングが得意。
元は「榎本貴音」という名の生身の人間で、シンタローとアヤノより1年先輩。
当時は突然意識を失う病気による眠気や学校のことで常に苛立っていたため、目つきが悪く性格も捻くれていた。上述の理由で養護学級に通っていた。
遥(後のコノハ)は唯一のクラスメイトで、無自覚に好意を抱いていた。
高校2年生の時、養護学級の担任であるケンジロウの実験により薬品を投与されて死亡し「カゲロウデイズ」に干渉。肉体と精神を切り離され消滅しかけるも、「目を覚ます」能力を得て不老不死の精神を身につけ、思念だけが電子化して残った。
シンタローとは文化祭の時に知り合い、正体はシンタローや周りの人間には隠しているが、コノハと対面した当初は2年ぶりの再会に心を躍らせて話しかけていた。だが、コノハが遥としての記憶を失っていることを知った際は彼を「ニセモノさん」と呼んで憤慨し、勢い余って元の口調に戻っていた。
冴える蛇を倒すため、カノの助力で元の体に戻った。

ヒビヤ(雨宮 響也、あまみや ひびや)
能力:目を凝らす
田舎に住む普通の少年。ヒヨリに恋心を寄せいる。頭は良いが、子供ひとりでテレビすら見せてもらえないほどの厳しい家で育ったため、流行などに疎くやや世間知らず。小学6年生。
ある偶然からヒヨリに「荷物係」を任命されることとなり、親を何とか説得し彼女と共に都会の街を訪れる。
街を歩いていたところ、ヒヨリを助けようとして共にトラックに轢かれて死亡し、「カゲロウデイズ」に接触した。
一連の事件は「目が冴える蛇」の陰謀であり、一人だけ助かってコノハと共に現実世界に戻り、遠方の事象や内容を俯瞰的に認識する「目を凝らす」能力を手に入れた。
その能力でヒヨリを捜し始める。

コノハ(九ノ瀬 遥、ここのせ はるか)
能力:目を醒ます
青年の姿をした記憶喪失の人造人間。人並み外れた体力を持っている。
エネと同じく人造人間となる前は「九ノ瀬遥」という名の生身の人間で、常に重い病気を患っていたため、貴音(後のエネ)と同じ養護学級に在籍していた。
先天的な病気の発作で死亡し、「カゲロウデイズ」に干渉したことで「自身の理想とする肉体」に作り替える「目を醒ます」能力を手に入れ、「コノハ」の姿になる。
しかし、遥の精神が貧弱だったために、精神のみカゲロウデイズに取り残されてしまう。
遥にはもうひとつ「友達と遊びたい」という願いがあったため、「目を醒ます」能力はその願いのため空っぽの肉体に別の人格を生み出した。それが記憶喪失の人間「コノハ」の正体であり、現実世界では遥としての記憶がないため、一般常識が欠如している。
コノハが見聞きしていることはカゲロウデイズに取り残された遥の精神にも伝わっており、人格は違うが遥もコノハの身体を動かすことはできる。
「コノハ」として生まれ変わった後は、ケンジロウの下でかつて楯山家が暮らしていた家で生活していた。ある夏の日に、自分が住んでいる家に泊まりに来たケンジロウの義妹・ヒヨリと、その連れであるヒビヤと出会い、ヒヨリから一目惚れされる。その後二人が目の前で死んだ時に共に「カゲロウデイズ」に入り込み、「終わらないセカイ」で繰り返されるヒビヤとヒヨリの惨劇を見続け、「選ばれた」ヒビヤと共に現実世界に戻り、メカクシ団に加入する。そのことで遥のもうひとつの願いである「友達と遊びたい」という願いが叶いつつあるため、「目を醒ます」蛇が生み出した「コノハ」の人格が消えつつあり蛇の力も弱まっており、そこを「目が冴える」蛇に利用されてしまう。
イメージカラーは黄緑色。

アヤノ(楯山 文乃、たてやま あやの)
能力:目をかける
ケンジロウの娘で、シンタローとは中学からの同級生。いつも笑顔で、明るく優しい少女だったが、高校1年生の時に自殺してしまった。
中学3年の頃に、ケンジロウの勤務する高校の文化祭で父の教え子の貴音と知り合い、後に入学し遥も含めて先輩と後輩の間柄になる。
メカクシ団の最初の団長。孤児として楯山夫妻に引き取られたキド、セト、カノに何かと世話を焼き、3人の姉のような存在だった。
明るくも怒ると母同様かなり怖かったようで、キドは彼女を強い人だったと語っている。
母・アヤカが死んでから、父・ケンジロウの様子がおかしくなったことに気付き、父のことを調べていくうちに家族や教え子をも犠牲にする「目が冴える蛇」の計画に気付いてしまう。弟妹たちや先輩たちが殺されるのを防ぐため、自ら「カゲロウデイズ」に接触し能力のひとつを所持したまま「カゲロウデイズ」に留まり、全ての蛇を現実世界に出させなくすることでその計画を破綻させようとする。そして高校1年の夏に屋上から投身自殺し、「カゲロウデイズ」との接触して相手に思いを伝える「目をかける」能力を得た。
しかし実はアヤノの自殺こそが「目が冴える蛇」の本当の目的であった

最新刊の試し読みはここから無料です!サイト内で「カゲロウデイズ」で検索!もっと読みたい人はサイト内で「カゲロウデイズ」と検索
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

無料① : ebookJapan(イーブックジャパン)  >>> サービス紹介記事はこちら 
無料② : コミックシーモア             >>> サービス紹介記事はこちら 
無料③ : DMM電子コミック

人気ブログランキングへ   漫画ブログランキング 


 

 ネタバレ&結末

とある高校の学校祭準備期間。

病気で特別学級に所属する榎本貴音(えのもと たかね)と、九ノ瀬遥(ここのせ はるか)。

学校祭の出し物について話し合うも、学校から割り当てられた資金は担任・楯山研次朗(たてやま けんじろう)が私物購入のため既に使用してしまっていた。
貴音は、シューティングゲームを制作することを思いつく。貴音は研次郎にゲームの制作を支持。ゲームは遥によって「ヘッドフォンアクター」と名付けられた。
最初は勝っていた貴音だったが文化祭終盤で如月伸太郎に敗北。
ここがシンタローと貴音の出会いだった。

都会から遠く離れた田舎町。

クラスのアイドル・朝比奈日和(あさひな ひより)と、彼女をこよなく愛する「一流アサヒナー」の少年・雨宮響也(あまみや ひびや)。

ヒビヤが落とした定期入れを偶然拾ったヒヨリは、ヒビヤがタッチパネル式の携帯を欲しがっていることを知り、義兄であるケンジロウからアイドル・モモのサインを貰うため、ヒビヤの望みを叶えることを条件に彼を付き人として連れ都会へ行く。
かつてヒヨリの姉が住んでいた家には白髪の青年・コノハが住んでおり、到着した二人を出迎える。

メカクシ団が関わった一連の事件のせいでヒビヤの携帯を買うことは延期になり、その翌日に向かったヒヨリの姉・楯山彩花(たてやま あやか)の墓参りで、先に楯山家の墓に訪れていた少年・鹿野修哉(かの しゅうや)と出会う。
その帰り、赤い目をした猫を追いかけて公園に行くも、二人を捜してやってきたコノハから逃げ出したヒヨリと、彼女を追いかけたヒビヤがトラックにはねられ、「カゲロウデイズ」に引き込まれる。

カゲロウデイズから抜け出したコノハとヒビヤを追いかけてきたメカクシ団は、ヒビヤの能力や能力取得のきっかけである「大きな口」の存在、モモの能力の制御など大きな進歩をする。その矢先メカクシ団最後の作戦となる「カゲロウデイズ攻略作戦」が始まる。

遠い昔

メデューサである・アザミが人間に襲われ、森に引きこもる。
アザミはそこで出会った少年兵・ツキヒコと恋に落ち、やがて一緒に暮らすようになる。しかし、人間であるツキヒコが少しづつ歳を取り続けていることに怯え、永遠に一緒にいられる「終わらない世界」(キド達は「カゲロウデイズ」と呼んでいる)を創る。

一方、モモとヒビヤがヒヨリを探しに出かけていたその頃、アジトに残っていたシンタロー、キド、マリー、コノハは能力に関する手がかりを探すためにマリーの生家に向かった。
深い森の奥にある古い家に辿り着いた一行は、そこであるメデューサの綴った一冊の日記を発見し、「カゲロウデイズ」が創られた理由を知る。

最新刊の試し読みはここから無料です!サイト内で「カゲロウデイズ」で検索!もっと読みたい人はサイト内で「カゲロウデイズ」と検索
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

無料① : ebookJapan(イーブックジャパン)  >>> サービス紹介記事はこちら 
無料② : コミックシーモア             >>> サービス紹介記事はこちら 
無料③ : DMM電子コミック

人気ブログランキングへ   漫画ブログランキング 

 

スポンサーリンク


関連記事


漫画読み放題 のランキング


おすすめ記事

ピックアップ記事

  1. 今日、恋をはじめます

    漫画ネタバレ

    漫画「今日、恋をはじめます」の結末は?最終回ネタバレ&試し読み
    映画化もされた少女漫画の王道ストーリー「今日、恋をはじめます…
  2. ドリフターズ

    漫画ネタバレ

    漫画「ドリフターズ」アニメが絶賛放送中!【ネタバレ&試し読み】
    2016年10月にアニメ放送された大人気漫画作品「ドリフター…
  3. ライアーゲーム

    漫画ネタバレ

    漫画「ライアーゲーム」の最終回は!?ネタバレ、無料試し読み
    戸田恵梨香さんが主演したドラマが大ヒット、映画化もされた漫画…
  4. メイちゃんの執事

    漫画ネタバレ

    漫画「メイちゃんの執事」の結末は!?最終回ネタバレ、無料試し読み
    『メイちゃんの執事』(メイちゃんのしつじ)は、宮城理子による…
  5. Orange2

    漫画ネタバレ

    漫画「オレンジ(orange)」の結末は!?ネタバレ&試し読み
    現役高校生でデビューを果たし、10年間女子中高生から絶大な人…