%e3%82%a2%e3%83%ab%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%b3%e6%88%a6%e8%a8%98

【あらすじ】漫画「アルスラーン戦記」の今後は!?登場人物と評価

今回は「アルスラーン戦記」あらすじ&ネタバレの紹介です。
もともとは田中芳樹のファンタジー小説を、あの荒川弘(超ヒット作の「鋼の錬金術師」を書いた漫画家)が漫画化しています!!

ストーリーも描写も完璧!ただ問題は。。。少し時間をおくとキャラクターの名前とか地名とかを忘れてしまう!
ギーヴとかファランギースとかダリューンとかファルハールやらシンドゥラとかナルサストカエステルとか・・・名前なのか地名なのか・・・学生時代世界史が苦手だったことを思い出しました。

でもまだ最新刊は5巻なので一気に読めば大丈夫です!というかぜひ読んでください!!戦記もののファンタジーとしては最高傑作なのではと思ってます。超おすすめ!!

 総合評価 最新巻 ジャンル 試し読み
 ☆4.7  5巻 ファンタジー  ○

最新刊の試し読みはここから無料です!サイト内で「アルスラーン戦記」で検索!もっと読みたい人はサイト内で「アルスラーン戦記」と検索
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

無料① : ebookJapan(イーブックジャパン)  >>> サービス紹介記事はこちら 
無料② : コミックシーモア             >>> サービス紹介記事はこちら 
無料③ : DMM電子コミック

人気ブログランキングへ   漫画ブログランキング 


 

アルスラーン戦記のあらすじ

国が燃えている…。
世界はどれだけ広いのか? 「パルス」の王子・アルスラーンは、いまだ何者でもなく、ただ好奇心にあふれていた。
「頼りない」「気弱」「器量不足」と言われたアルスラーンが14歳になった時、遠国の異教徒がパルスへ侵攻。
アルスラーンは初陣の時を迎える。パルス軍の強さは古今無双。この戦もパルスの圧勝に終わると誰もが信じていた……。しかし・・・・・。

大陸の中心で栄華を誇るパルス王国。
王子アルスラーンは、父・国王アンドラゴラス三世からは疎まれ、母・王妃タハミーネからは無関心に扱われつつも、臣下である大将軍ヴァフリーズ、万騎長キシュワード、ダリューンとは親交を持ち得ていた。

14歳になったアルスラーンは、侵攻してきたルシタニアとの戦争で初陣に臨む。しかし無敗を誇っていたパルス軍は、不可解な霧の発生やパルス万騎長カーラーンの裏切りに遭って敗れてしまう。

ギリギリで生き延びたアルスラーンは武将ダリューンと共に落ち延び、政戦両略に長ける知略家ナルサスとその侍童エラムを仲間に加える。
一方で、無敗のパルス軍を破り勢いに乗るルシタニア軍により、王都エクバターナも陥落。

無能なルシタニア王イノケンティス七世がパルス王妃タハミーネを見染め、自らの妃にしようとする。そんな中、カーラーンは軍を率いてアルスラーン討伐に乗り出す。

だがアルスラーンたちは、ナルサスの計略に加えてミスラ神殿の女神官ファランギースと流浪楽士ギーヴの加勢もあり、たった6人で1000の軍勢を崩壊させカーラーンを討ち取ることに成功する。
その頃、ルシタニア軍の捕虜となり果てのない拷問を受ける国王アンドラゴラス三世の前に、ルシタニア軍に協力していた銀仮面の男が姿を現す。カーラーンの主である銀仮面の男は—–!!

気になりますよね!!下にネタバレありますが、先に試し読みするのがおすすめです!

最新刊の試し読みはここから無料です!サイト内で「アルスラーン戦記」で検索!もっと読みたい人はサイト内で「アルスラーン戦記」と検索
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

無料① : ebookJapan(イーブックジャパン)  >>> サービス紹介記事はこちら 
無料② : コミックシーモア             >>> サービス紹介記事はこちら 
無料③ : DMM電子コミック

人気ブログランキングへ   漫画ブログランキング 


 

アルスラーン戦記の登場人物

アルスラーン
強国パルスの王子。剛勇な父とは対照的に、線が細く心優しい性格。君主としてはまだまだ頼りないところもある。忠実な部下である騎士・ダリューンとともに、王国奪還を目指すなか、次第にたくましい表情を見せるようになる。

ダリューン
パルスが誇る騎馬部隊で万騎長(マルズバーン)を務める。剣術の腕前は一流。アルスラーンのそばを片時も離れず、ともに行動することになる。実直な人柄だが、いざというときには思い切った行動に出ることもできる優れた才覚の持ち主。

ナルサス
アンドラゴラス三世により宮廷書記官に抜擢されるも、その後、王の不興を買い、現在ではバシュル山に隠棲中。
世捨て人同然の生活をしていたものの、懇願するアルスラーンに手を貸すこととなる。王たる者のあるべき姿に悩むアルスラーンの教育係。

エラム
もとはナルサスによって解放された、解放奴隷の子息。
両親の遺言によりナルサスの侍童(レータク)となってからは、彼の身の回りの世話をしている。アルスラーンの誘いで山を下りたナルサスにも同行。弓の腕前もなかなかのもの。

ギーヴ
楽器を片手に美しい詩を歌う流浪人。
周りの女性たちをうっとりさせるなど、なかなかの「色事師」。その一方で、武器の扱いにも慣れるなど、ひと筋縄ではいかないところも。飄々とした姿とは裏腹に、裏では計算を張り巡らせている策略家でもある。

ファランギース
アルスラーン誕生にあわせて寄進された、ミスラ神殿に勤めるが、アトロパテネの戦いに際して、アルスラーンを守護するため神殿から派遣される。
その姿は、女性関係が豊富なギーヴをひと目惚れさせるほど優美。 ただの美女とではなく、絶世の美女。また、見事な弓の腕前の披露するほか、水晶の笛の力で精霊たちを自在に使いこなす。アルスラーンとナルサスには弱い一面もある。

アルフリード
剣技、馬術、弓術を得意とする。頭もよく、情にもあついが、とにかくやたらと気が強い。
絶体絶命の窮地から助けられたことでナルサスに惚れ込み、勝手に「妻」宣言をする。

アズライール
“告死天使”の名を持つ、万機長キシュワードの鷹。兄弟である“告命天使”スルーシとともに、主の代わりにアルスラーンを見守る、忠実な臣下。

シャブラング
またの名を“黒影号”という黒衣の騎士・ダリューンの愛馬。主の鎧と同じく、黒毛の駿馬。戦場のダリューンを支える臣下。その背をアルスラーンに許すことも。

アンドラゴラス三世
第18代国王。つねに険しいその表情と鍛え上げられた肉体は、まさに強国パルスの姿をそのまま物語っている化のような人物。
また自身も数々の武勲を挙げた勇猛な騎士として知られ、アトロパテネの戦いでも自ら軍を指揮。先代の国王・オスロエス七世は彼の実の兄だが、その政権委譲については暗い噂がついてまわる。

タハミーネ
「関わった男性をことごとく不幸な境遇へと陥れる」とも噂される美女。
もとはパルスと敵対関係にあったバダフシャーン公国の妃だったが、バダフシャーン併合に伴い、アンドラゴラス三世の妻となる。アルスラーンの実の母にあたるが、なぜか彼に対しては冷ややかな態度を崩さない。

ヴァフリーズ
アンドラゴラス三世の右腕で、またアルスラーンにとっては剣の師匠でもある大将軍(エーラーン)。
剣術の腕前は一流。小さな頃からアルスラーンの面倒を見ており、気弱な彼の今後を案じる。

キシュワード
二つの剣を振い「双刀将軍」の呼び名を持つ、パルス国の万騎長。アルスラーンとは「スルーシ」「アズライール」の2羽の鷹を通じて、以前より親交を重ねている。

カーラーン
アンドラゴラス三世からの信頼も厚い、万騎長のひとり。知略に優れていることでも知られ、アトロパテネの戦いでは先遣隊として戦場の視察にあたる。
 
クバード
パルス騎馬部隊の誇る万騎長のひとり。左目が一文字の傷で潰れている。
 
シャプール
万騎長。性格は真面目で、何事にも筋を通す。

イノケンティス七世
イアルダボート教を国教とする、ルシタニアの国王。酒の代わりに砂糖水を愛飲しているせいか、太っている。
イアルダボート教の熱心な信者でもあり、彼の命で殺された異教徒の数は300万人とも言われている。政治についてはまったくの無関心で、弟のギスカールに一任している。

ギスカール
イノケンティス七世の弟。無能な兄に代わって、ルシタニアの内政など一切を取り仕切る苦労人である。
パルス遠征の際は計画立案を引き受けるなど、戦いを成功に導いた功労者のひとり。非常識な兄に振り回されているように見えながら、その一方で虎視眈々と国王の座を狙うなど、したたかな面も持つ。

ボダン
ギョロ目が特徴の大司祭。「異教徒を地上から一掃すること」を旨とするルシタニアの国教・イアルダボート教を奉じ、貴重な書物の焚書、子供や女性の虐殺など、非道な行為も嬉々として行う。

ヒルメス
銀色の仮面を被った男。ルシタニア軍と行動をともにし、アトロパテネの戦いではルシタニアを勝利に導く。ただし彼自身の目的は、ルシタニアの首脳部とは違うところにあるようだ。

エトワール
ルシタニア軍に参加している騎士。子供の頃、パルスに捕虜として捉えられ、アルスラーンを人質にして大脱走劇を繰り広げた。ものすごく気が強い。イアルダボート教の熱心な信者であり、平等を重んじるが、異教徒に対しては容赦がない。

サーム
パルスが誇る万騎長のひとりで、防御に優れる。アトロパテネの戦いにおいても、城塞の守りを任されていた。エクバターナ陥落時にヒルメスの投げた槍で重傷を負うも、一命を取りとめる。傷が癒えたのちは、素性を明かしたヒルメスに忠誠を誓う。

ザンデ
カーラーンの息子。ヒルメスに忠誠を誓っている。性格は良くも悪くもまっすぐ。メイスの扱いに長ける。

ラジェンドラ
東方の大国シンドゥラの第二王子。異母兄である第一王子のガーデーヴィと王位継承権争いの真っ最中で、功を焦ってパルスへと侵攻する。性格はずうずうしく軽薄で、かなりの利己主義者。だが、どこか憎めない愛嬌がある。

ジャスワント
シンドゥラの兵士。性格はきわめて真面目。

最新刊の試し読みはここから無料です!サイト内で「アルスラーン戦記」で検索!もっと読みたい人はサイト内で「アルスラーン戦記」と検索
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

無料① : ebookJapan(イーブックジャパン)  >>> サービス紹介記事はこちら 
無料② : コミックシーモア             >>> サービス紹介記事はこちら 
無料③ : DMM電子コミック

人気ブログランキングへ   漫画ブログランキング 


 

主な国家

パルス
大陸公路の中心に位置する国家。王都エクバターナは陸上交通の要衝で、その首都人口は公称100万。
現在の王朝は英雄王カイ・ホスロー以来300年余の歴史を誇り、第1部開始時点で第18代国王アンドラゴラス三世の統治下にある。大陸公路の要衝かつ豊かな国であることから諸外国より侵略を受けることが多いが、それを跳ね除けてきた強兵の国でもある。アンドラゴラス三世によって隣接するバダフシャーン公国を併合しさらに強国となっている。

ルシタニア
パルスより北西の王国。貧しい国で豊かな土地を求めて遠征を行った。
最初は同じ宗教であるイアルダボート教を信じる国ながら教義の異なるマルヤムを攻め落とし、その後パルスに侵攻した。
ルシタニアでは強硬派の西方教会が主流であり、一神教イアルダボート教以外の宗教を一切認めようとしない。
遠征の失敗によって主だった指導者を失い現在では荒廃し無政府状態になっている。

シンドゥラ
パルスの南東に位置する王国で、カーヴェリー河がパルスとの国境となっている。
北方でチュルク、東方ではモン族やシャン族と対峙している。王都はウライユール。夏の暑熱は厳しいが冬は過ごしやすい。
虎や象が生息し、戦象部隊は周辺諸国からも脅威とされている。建国王はクロートゥンガ。歴史的に隣国パルスとは仲が悪く、建国後250年ほどしか経過していないにも関わらずパルスの暦年より1年多く暦を数えているほどである。

マルヤム
パルスの北西に位置する王国。古い伝統を持つ国であり、ルシタニアと同じイアルダボート教だが、穏健派の東方教会派が多数派を占める。王都はイラクリオン。
穏健な政治でパルスとも交易していたが、同じイアルダボード教の国であるが、強硬派の西方教会に属するルシタニアによって滅ぼされる。

ミスル
パルスの西方に位置する王国。王都はアクミーム。国土の大半が砂漠で夏は猛暑となる。ディジレ河の沿岸は肥沃な穀倉地帯であり、灌漑のための水車が並ぶ。砂漠での戦いで勇名を馳せる駱駝部隊と戦車隊を持つ。南で国境を接するナバタイとの交易もおこなわれている。

チュルク(Turk)
パルスの東方に位置する王国。人口八百万 – 一千万人。北にトゥラーン、南にシンドゥラと国境を接する内陸の山岳国家だが土地の肥えた河谷や盆地があり岩塩や砂金が採れる。元々チュルク人はトゥラーン人と同じ民族であったと言われている。王都ヘラートは難攻不落の城塞都市として知られる。鳥葬の風習がある。

トゥラーン(Turan)
パルスの北東に位置する遊牧騎馬民族の王国。西にパルス、南にチュルクと国境を接する。王都はサマンガーン。ただし固定した建造物はなく、王宮は巨大な天幕である。
パルスを上回る騎馬民族の国で、会議すらも馬上で行う。他国からは「草原の覇者」とも言われ、野戦ではパルス軍に匹敵するが、その分攻城戦は不得手。トゥラーン人は遊牧民のため、定住はせず天幕をもって草原を移動する。主要産業は他国からの略奪であり、自ら通貨を発行することはなく、他国の貨幣をそのまま使用する。太陽神(ダヤン)を信仰している。

絹の国(セリカ)
パルスよりはるか東方にある文明国、大陸公路の東端に位置する大帝国。絹の国の皇統は約千年続く。帝都は西都永安府(シーツィーイーアンフ)でその首都人口は200万。北と西の国境線には、外敵である遊牧民族の侵入を防ぐため、「長城」と呼ばれる長大な石の防壁が築かれている。国土を二つの大河である、雷河(ライホー)と龍江(ロンチャン)が流れる。ダリューンが以前に使節団の護衛隊長として赴いたことがある。

ナバタイ
ミスルの南方に位置する黒人の国。政権が安定せず第2部の時点で東西の王国に分かれている。幾度かミスルへ侵攻したことがある。鉄鎖術はこの国出身の黒人奴隷(ザンジ)たちが、鎖につながれた身で残虐な主人に抵抗するために修得したと言われる

最新刊の試し読みはここから無料です!サイト内で「アルスラーン戦記」で検索!もっと読みたい人はサイト内で「アルスラーン戦記」と検索
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

無料① : ebookJapan(イーブックジャパン)  >>> サービス紹介記事はこちら 
無料② : コミックシーモア             >>> サービス紹介記事はこちら 
無料③ : DMM電子コミック

人気ブログランキングへ   漫画ブログランキング 


 

 ネタバレ&結末

バルス国に存在する「奴隷制度」に悩むアルスラーンは、ルシタニア軍からの追撃から逃れ、カシャーン城塞に到着する。
奴隷制度の存続を望む城主ボディールの反逆に遭った一行は、ボディールを討ち倒して奴隷を解放するものの、奴隷達からは「主人殺し」と責め立てられ、奴隷制度をなくすことの難しさに困惑するのであった。

その後、ルシタニア軍の追撃により包囲されたアルスラーン一行は、仲間と散りじりになりながらペシャワール城を目指すことになる。

エラムとギーヴと同行することになったアルスラーンは、元奴隷の子であるエラムを友として接して親交を重ねる。

また、銀仮面ことヘルメスに、父親と仲間たちを皆殺しにされたゾット族の娘アルフリードは、命を救われたナルサスに惚れて同行することになる。

蛇王ザッハーグ一党で、地行術を操るアルザングに襲われたナルサスは、ナシ油を撒いて火をつけることで撃退する。

無事に仲間たちと合流したアルスラーン一行は、万騎長キシュワードが守護するペシャワール城塞に到着する。城塞に潜入した銀仮面は、仇の息子であるアルスラーンに剣を向けるが、そこにダリューンらが駆けつけて事なきを得る。

そして、アルスラーンを庇った万騎長バフマンが銀仮面に殺害され、ヴァフリーズの手紙に記された『アルスラーンの出生の秘密』が闇に葬られてしまうのであった。

最新刊の試し読みはここから無料です!サイト内で「アルスラーン戦記」で検索!もっと読みたい人はサイト内で「アルスラーン戦記」と検索
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

無料① : ebookJapan(イーブックジャパン)  >>> サービス紹介記事はこちら 
無料② : コミックシーモア             >>> サービス紹介記事はこちら 
無料③ : DMM電子コミック

人気ブログランキングへ   漫画ブログランキング 

 

スポンサーリンク


関連記事


漫画読み放題 のランキング


おすすめ記事

ピックアップ記事

  1. 赤髪の白雪姫

    漫画ネタバレ

    漫画「赤髪の白雪姫」の続きが気になる!!ネタバレ&無料試し読み
    城下町出身の白雪とクラリネス王国第二王子のゼンの身分を超えた…
  2. テンペスト

    漫画ネタバレ

    漫画「テンペスト」の結末は!?ネタバレ&試し読み紹介
    阿仁谷ユイジの漫画「テンペスト」のあらすじ紹介です。ネタバレ…
  3. %e3%82%a2%e3%83%ab%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%b3%e6%88%a6%e8%a8%98

    漫画ネタバレ

    【あらすじ】漫画「アルスラーン戦記」の今後は!?登場人物と評価
    今回は「アルスラーン戦記」あらすじ&ネタバレの紹介です。 も…
  4. %e4%bf%ba%e7%89%a9%e8%aa%9e%ef%bc%81%ef%bc%81

    漫画ネタバレ

    漫画「俺物語!!」は今後どうなる!?無料ためし読み&最新刊ネタバレ
    河原和音×アルコの漫画「俺物語!!」のネタバレ&感想です。少…
  5. ダイヤのエース

    漫画ネタバレ

    熱い!!本格野球漫画「ダイヤのエース」ネタバレ&無料試し読み
    野球の名門校ならではの切磋琢磨と名門校ゆえの軋轢と衝突。…