進撃の巨人

漫画「進撃の巨人」空前の大ヒット!ネタバレ注意!無料立ち読み

『進撃の巨人』は、圧倒的な力を持つ巨人とそれに抗う人間たちの戦いを描いたファンタジーバトル漫画です。

作者は諫山創。2009年10月に『別冊少年マガジン』(講談社号(創刊号)から連載されたのち、『週刊少年マガジン』(講談社)にも出張読み切りとして特別編が2度掲載。

単行本の発行部数は、2015年10月現在累計5000万部を突破しています。小説・テレビアニメ・映画などのメディアミックス展開が行われるほど大ヒットした『進撃の巨人』が今なら無料で試し読みできます!

 総合評価 最新巻 ジャンル 試し読み
 ☆4.5 20巻 アクション

最新刊の試し読みはここから無料です!サイト内で「進撃の巨人」で検索!もっと読みたい人はサイト内で「進撃の巨人」と検索
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

無料① : ebookJapan(イーブックジャパン)  >>> サービス紹介記事はこちら 
無料② : コミックシーモア             >>> サービス紹介記事はこちら 
無料③ : DMM電子コミック

人気ブログランキングへ   漫画ブログランキング 


 

進撃の巨人のあらすじ

繁栄を築き上げた人類は、突如出現した“天敵”「巨人」により滅亡の淵に立たされた。

生き残った人類は、「ウォール・マリア」、「ウォール・ローゼ」、「ウォール・シーナ」という巨大な三重の城壁の内側に生活圏を確保することで、辛うじてその命脈を保っていた。

城壁による平和を得てから約100年後。いつしか人類は巨人の脅威を忘れ、平和な日々の生活に埋没していた。
手足をもがれ、餌と成り果てようと、人類は巨人に挑む!! 

巨人がすべてを支配する世界。巨人の餌と化した人類は巨大な壁を築き、壁外への自由と引き換えに侵略を防いでいた。だが名ばかりの平和は壁を越える大巨人の出現により崩れ、絶望の戦いが始まってしまう。

――震える手で、それでもあなたはページを捲る。これぞ21世紀の少年漫画を代表する超大作だ!

最新刊の試し読みはここから無料です!サイト内で「進撃の巨人」で検索!もっと読みたい人はサイト内で「進撃の巨人」と検索
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

無料① : ebookJapan(イーブックジャパン)  >>> サービス紹介記事はこちら 
無料② : コミックシーモア             >>> サービス紹介記事はこちら 
無料③ : DMM電子コミック

人気ブログランキングへ   漫画ブログランキング 


 

登場人物

エレン・イェーガー

本作の主人公。15歳。ウォール・マリア南端より突出したシガンシナ区出身。
845年の巨人侵攻によって目の前で母親が巨人に殺されてしまう。それ以来「巨人の駆逐」を行動原理としており、調査兵団に入団した。
強靭な勇気と行動力を備え、その意志の強さで周囲の人間を奮い立たせ導いていく。
我の強い性格ゆえに直情径行で猪突猛進な言動が多く、他者の指示にも容易に従わない。徒手格闘術に優れ、訓練兵時代はミカサに次ぐ対人格闘成績を修めていた。
その他に特技というほどのものはないが、強い目的意識のもと他の科目でも努力を重ね、第104期訓練兵団を5番で卒業する。

ミカサ・アッカーマン

本作のヒロイン。15歳。ほぼ絶滅した東洋人の血を引いており、ミカサの母が最後の純血の東洋人。
超大型巨人出現の1年前(844年)、希少な血筋から3人組の強盗に目をつけられて両親を殺され、助けに現れたエレンと共に強盗たちを殺害した後、イェーガー家に引き取られた。
その際、エレンからマフラーをもらい、以後そのマフラーを暑い時以外肌身離さず身につけている。両親を殺害された際の経験から、命の恩人であるエレンを半ば盲目的に慕うようになり、彼に対して依存とも呼べる強い執着を示すようになる。
冷淡な思考と情熱的な志向を併せ持つ両極的な性格をしており、大部分では無表情で他者には薄い反応を示す反面、私情が関わる物事には極端に感情的になりやすく、一度頭に血が上ると周囲が見えなくなり暴走する危うさも内包している。

アルミン・アルレルト

エレンとミカサの幼馴染の少年で、特にエレンとはミカサと知り合う以前からの数少ない親友。
彼らと同じくシガンシナ区で生まれ育った。 845年の巨人侵攻の翌年に敢行された領土奪還作戦に従軍した両親が死亡しており、難民の「口減らし」を意図した施策と察してこれを主導した憲兵団を恨んでいる。
理知的で感受性や探究心に富んでおり、人類はいずれ外の世界へ行くべきという考えを持っている。
エレンが外の世界に憧れるようになったきっかけも、外界について記された祖父の蔵書を見せたことによる。穏やかで優しい人柄だが、活発さに欠け争いごとが苦手であり、本人はそのことを不甲斐なく感じていたりと内罰的な面があるが、根底にある意志は堅固。
アニからは「弱いくせに根性がある」と評される。本人はエレンやミカサのような強さに憧れるあまり自覚できなかったが、実際には危機的な状況でこそ的確な判断や知略を利かせられる資質があり、それをエレンに指摘されてからは芯の強さを表に出せるようになった。
調査兵団入隊後は幹部で分隊を指揮するハンジと並ぶ策士・参謀役として頭角を現す。

ライナー・ブラウン

大柄な体格で金髪の少年。17歳。第104期訓練兵団を次席で卒業。
冷静かつ気のいい性格で責任感も強く、面倒見も良いので仲間から厚く信頼される104期のリーダー的存在。危険な作戦を前にして冗談を言えるだけの肝力と、それに見合うだけの腕っぷしも持ち合わせている。
巨人に襲撃されたウォール・マリア南東に在った山村の生き残りで、故郷に帰るという一心で生きており、絶対に曲げられない信念を持つ者同士として、エレンに深く共感する。
訓練課程修了後は調査兵団に入団した。

ベルトルト・フーバー

長身で黒髪の少年。16歳。第104期訓練兵団を3番で卒業。 どの分野の活動でもそつなくこなすことができ、能力的には優秀だが、積極性に欠ける受身な性格。
しかしキース教官からは「高い潜在性を持っている」と評価され、本気を出せばアルミンの策をも見抜く冷静な思考力と、白刃戦でミカサと対等に渡り合えるほどの戦闘能力を発揮する。
ユミルからは「ベルトルさん」と呼ばれている。控えめで温厚な人柄だが、過去に故郷を巨人に襲われた経験を持ち、回想の中では目と鼻の先の距離で巨人と遭遇している描写がある。
しかし、自分を「巨人の恐怖を知らない人」と臆病なところは同じだと考えており、運動が得意という点を活かして憲兵団への入団と特権の獲得を目的に兵士を目指したと語る一方で、そんな自身のことを「自分の意志がない」と自嘲しており、危険を承知の上で明確な意志を持って訓練兵になったエレンとアルミンに一目置いている。
ライナーとは同郷の間柄で、日頃からよく行動を共にしている。
ジャンによると「寝相の悪さは芸術的」で、いつしか同期の間では彼の寝相でその日の天気を占うのが日課になっていた。
訓練兵団卒業後は、元々の志望先であった憲兵団から入団先を変え、調査兵団に入団した。

アニ・レオンハート

常に冷静沈着で寡黙な金髪の少女。16歳。
第104期訓練兵団を4番で卒業。 憲兵団への入団を希望しているが、他の志願者のように特権獲得が目的ではなく、「現実離れした無意味な世界から遠ざかりたい」との考えからであると述べる。
それゆえ、「目標を最短ルートで達成し無駄な行為は極力しない」という合理主義を貫徹している。
立体機動でも無駄のない動きで巨人の弱点に深い斬撃を加える。また、父親から教えられたという対人格闘術は秀逸で、蹴り技を得意としている。女子としても小柄な体格であっても、エレンやライナーすら軽く制圧する実力を持っているが、もっとも彼女自身はそれらを「巨人と戦うには全く役に立たない無用の技術」であると言い、人前ではそれを熱心に教えたという父親を軽蔑する素振りすら見せていた。
そうした年齢にそぐわぬ達観した性格ゆえに同年代とのかかわりも希薄であったが、エレンのまっすぐな性格に動かされ、己の格闘術を彼に伝授するようになる。
また、格闘術を披露している時のアニは、日頃の倦んだ態度や言葉とは裏腹に精彩を放っていたとエレンは述懐しており、彼女のことを「嘘をつくのが下手な性格」と推し量っていた。
また、アルミンからは「実は結構優しい」とも言われていた。同期の数少ない友人達が揃って調査兵団に入団する中、初志を貫き憲兵団に入団。その後ウォール・シーナ東城塞都市のストヘス区に配属される。

最新刊の試し読みはここから無料です!サイト内で「進撃の巨人」で検索!もっと読みたい人はサイト内で「進撃の巨人」と検索
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

無料① : ebookJapan(イーブックジャパン)  >>> サービス紹介記事はこちら 
無料② : コミックシーモア             >>> サービス紹介記事はこちら 
無料③ : DMM電子コミック

人気ブログランキングへ   漫画ブログランキング 


 

 ネタバレ&結末

序章

城郭都市の外縁地区ウォール・マリア南端より突出した(甕城)シガンシナ区で生活する少年、エレン・イェーガー。

エレンは医者の父グリシャと口うるさい母カルラ、そして幼馴染のミカサ・アッカーマンと暮らしていた。

壁外の世界を夢見るエレンは壁外調査へと出る調査兵団に憧れていたが、両親やミカサには反対され、同じく壁外の世界を夢見る幼馴染のアルミンと話し合うことしかできなかった。

エレンが10歳となった845年に突如現れた、壁を超える巨体を持つ「超大型巨人」によって破られた壁から巨人が侵入し、そのうちの一匹にエレンの母、カルラは捕食されてしまう。

通称「鎧の巨人」によって遮断不能となったウォール・マリアは放棄され、人類の活動領域はウォール・ローゼまで後退することになった。

家族、家、夢、全てを奪われたエレンは巨人への復讐を決意し、調査兵団を目指し「第104期訓練兵団」に入団する。

トロスト区防衛戦

入団から3年後、訓練兵団を卒業したエレンはトロスト区の固定砲の整備を行っていた。
その時、突如として再び「超大型巨人」が襲来。エレンは単身で立ち向かうも、取り逃がしてしまう。
本部に戻り班を率いるエレンだったが、班員を捕食され、自身も足に深手を負う。茫然としたまま巨人に捕食されかけるアルミンを辛うじて助け出したエレンが、代わりに巨人に捕食されてしまった。

エレンの死を聞いたミカサはショックにより命を落としかけるが、エレンが残した「戦え」という言葉を思い出し、仲間を率いて全員を先導すると決意する。

そんな中今まで確認されたことのない「巨人を攻撃する巨人」が現れ、アルミンはその巨人を利用した作戦を立て、同期の仲間たちと協力し、見事生還する。

そして力尽きた前記の巨人の中からは、なんと捕食されたはずのエレンが姿を現した。

トロスト区奪還戦

目を覚ましたエレンは駐屯兵団に殺されかけるも、司令であるピクシスの判断により命を助けられる。

さらに巨人の力を使いトロスト区を奪還する作戦が立案され、エレンは巨人の力を制御できないこともあり、多くの犠牲を払うも、見事トロスト区を奪還することに成功する。

作戦後、巨人化を恐れられたエレンは地下牢に閉じ込められ、憲兵団からはその存在を排除するべきと言い渡される。

しかし、調査兵団団長であるエルヴィンの進言により、エレンは調査兵団に配属されることになる。

時期を同じくして同期の配属も決定し、ミカサ、アルミン、ライナー、ベルトルト、ジャン、コニー、サシャ、クリスタなどが調査兵団を志願した。

そして、エレンは「監視」と「警護」のため特別作戦活動班(リヴァイ班)に編入される。

その頃、トロスト区で生きたまま捕獲された二体の巨人が調査兵団分隊長ハンジに引き渡される。ハンジにより様々な生体実験が行われていた折、二体の巨人は何者かによって殺害される。

壁外調査

エルヴィンは真意を秘めたまま、第57回壁外調査を強行。

エレンたち新兵も作戦に参加する。調査出発からほどなくして出現した奇行種「女型の巨人」により、調査兵団は蹂躙される。

襲撃を受けたアルミンは辛くも難を逃れたものの、女型の不可解な行動に疑念を抱く。エレンを追跡する女型により甚大な被害が生じるが、エルヴィンの目的はエレンを囮として、巨人たちが入り込まない巨大樹の森の奥に「人間が操っていると思われる女型の巨人」をおびき寄せ、生け捕りにすることにあった。

多大な犠牲を払うも、リヴァイの活躍により作戦は成功を収めるかに思われたが、捨て身の機転を利かせた女型によって、失敗に終わった。

撤退の最中に「女型を操っていた人物」と遭遇し、再び女型から襲撃されたリヴァイ班は壊滅。エレンは怒りにより巨人化するが、女型の巧みな格闘術により敗北し、連れ去られかける。

しかしリヴァイとミカサの共闘により奪還されたエレンは、後悔と無力感を胸に壁の内側に帰還を果たす。

最新刊の試し読みはここから無料です!サイト内で「進撃の巨人」で検索!もっと読みたい人はサイト内で「進撃の巨人」と検索
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

無料① : ebookJapan(イーブックジャパン)  >>> サービス紹介記事はこちら 
無料② : コミックシーモア             >>> サービス紹介記事はこちら 
無料③ : DMM電子コミック

人気ブログランキングへ   漫画ブログランキング 

 

スポンサーリンク


関連記事


漫画読み放題 のランキング


おすすめ記事

ピックアップ記事

  1. 暁のヨナ

    漫画ネタバレ

    漫画「暁のヨナ」は今後どうなる!?最新刊ネタバレ、無料試し読み
    少女マンガらしからぬ壮大なストーリーが展開される漫画「暁のヨ…
  2. ウロボロス

    漫画ネタバレ

    漫画「ウロボロス」は今後どうなる!?ネタバレ、無料試し読み
    ウロボロス -警察ヲ裁クハ我ニアリ-は神崎裕也によるマンガ作…
  3. クローバー

    漫画ネタバレ

    漫画「クローバー」全24巻のネタバレ!感想や無料試し読み
    『クローバー』は、1997年『ぶ〜け』(集英社)にて連載され…
  4. スプライト

    漫画ネタバレ

    漫画「スプライト」のネタバレと結末(最終回)&無料立ち読み
    今回は石川優吾さんのマンガ「スプライト」を紹介したいと思いま…
  5. ダブルフェイス

    漫画ネタバレ

    ネタバレ注意!細野不二彦の描くミステリアス漫画「ダブルフェイス」
    細野不二彦氏の作品では、「ギャラリーフェイク」が有名でアニメ…